ぺこ (C)モデルプレス

写真拡大

【ぺこ・りゅうちぇる/モデルプレス=7月13日】タレントのりゅうちぇるの妻で、11日に第1子を出産したばかりのタレントのぺこ(オクヒラテツコ)が12日、自身のブログを更新。出産までを振り返り、献身的に支えてくれたりゅうちぇるへの感謝をつづった。

【さらに写真を見る】ぺこ&りゅうちぇるに第一子誕生!妊娠7ヶ月頃ふっくらお腹でイベントに登場したぺこ

◆ぺこ、りゅうちぇるの支えに感謝「りゅうちぇるがいてくれたから」


「昨日 7月11日11:12AM 3576gの第一子を出産しました 母子共に健康で、元気なかわいい男の子です」と改めて報告し、「たくさんのお祝いメッセージ、ほんとうにありがとうございます」と祝福の声に感謝したぺこ。「だいすきなりゅうちぇると自分とのこどもがこうしてこの世界に産まれてきてくれて、うれしくて幸せでどきどきでたまりません…!そしてまだすこし、夢のようすぎて不思議な気持ち」と母となった現在の思いをつづった。

リンクくんについて「すでにもうかわいくてかわいくてたまらなくて、ぐっすり眠る顔、おっぱいを飲む姿、ちっちゃな手足、なにもかもが愛おしくてたまりません…!」と溺愛し、「これから先、この子のママとして、そしてりゅうちぇるがパパとして生きていけることがほんとうにうれしいです!産まれてきてくれてほんとうにありがとう Baby Link」と幸せたっぷりにコメント。

そして、「こうして無事にリンクと会えたのも、妊娠中から、そして産まれる瞬間までりゅうちぇるがいてくれたからです りゅうちぇるほんまにありがとう…!」とりゅうちぇるへの愛を滲ませた。

◆ぺこ、12時間の出産振り返る


さらに陣痛が来てからリンクくん誕生までの様子を詳細につづったぺこ。12時間に及ぶ出産とあり「正直今までで生きてていちばんしんどかったのが本音」と明かしたが、「『ひとつの陣痛をこえたらリンクくんに一歩近づいてるって思ってがんばってね』ってお言葉がすごくそのとき頭に残って、このあとどんどん強くなる陣痛のときも 頭のかたすみでこの言葉を思い出してとなえてました!」とファンからもらったメッセージを支えにしていたという。

そして「終盤にかけてもういきみたいけどいきまないのがつらくて、病院中に響きわたってしまったんじゃないかってくらい叫んでしまった」と生まれる間際の様子も詳細に伝え、「りゅうちぇるもいっしょに叫んでて笑、いっしょにがんばってくれてさらに最後にむけてがんばれました!!!」と、りゅうちぇるとともに乗り越えたぺこ。

また、「りゅうちぇる、産まれるところしっかり見えたらしくて、助産師さんといっしょに『頭見えてるよ』とかってたくさん言ってくれたり、『すごいすごい』『上手』とかって最後の最後までたくさん励ましてくれました」とりゅうちぇるの様子も明かし、我が子誕生の瞬間には「泣きながら『ありがとう だいすきだよ』って抱きしめて言ってくれて、わたしはうれしすぎて笑顔すぎて涙も出なかったくらいうれしくて、おなじくほんっとうに ありがとう だいすきだよって思いました言いました」とハグで喜びあったという。

最後は、母となった喜びを噛み締め、「出産ってほんっとうに奇跡やなってかんじたし、こんなにすてきな経験をさせてくれたりゅうちぇるとリンクに感謝の気持ちでいっぱい!!!」と溢れる感謝を記した。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】