「早く助けに来て」豪雨で犠牲になった夫婦 助けを求める最後の声

ざっくり言うと

  • 岡山・倉敷市で86歳と84歳の夫婦の遺体が自宅で見つかった
  • 西日本豪雨により、広い範囲で浸水被害が出たため逃げ遅れたとみられる
  • 男性は長男との最後の電話で、「早く助けに来て」と話していたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング