長谷部が代表引退を発表するなど、世代交代の波が訪れている日本代表。9月の初陣ではメンバーが一新される可能性も。(C)Getty Images

写真拡大

 日本サッカー協会が12日、9月7日・11日に行なわれるキリンチャレンジカップ2018の詳細が決まったと発表した。
 
 札幌ドームで行なわれる7日の試合では、チリ代表と対戦。19時キックオフ予定で、フジテレビ系列にて全国生中継される。また、11日にパナソニック吹田スタジアムで開催されるコスタリカ戦は19時20分にキックオフ予定で、日本テレビ系にて全国生放送されるとのことだ。
 
 日本代表はロシア・ワールドカップで2大会ぶりにグループリーグ突破を果たしたが、西野朗監督は任期満了となる7月末で退任する意向を示している。田嶋幸三会長が5日の帰国会見で、その旨を明言しており、新体制への移行が確実な状況だ。
 
 7日のチリ戦、11日のコスタリカ戦は、その新生・日本代表の初陣。4年後のカタール・ワールドカップを見据えたリスタートとなるだけに、大きな注目を集めそうだ。