劇場版『若おかみは小学生!』の予告&ポスタービジュアルが到着!/[c]令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会

写真拡大

毎週日曜朝7時14分より、テレビ東京6局ネットで絶賛放送中のテレビアニメの劇場版『若おかみは小学生!』が9月21日(金)より公開。このたび本作の予告映像とポスタービジュアルが到着し、シンガーソングライターの藤原さくらが歌う書き下ろしの主題歌が初公開された。

【写真を見る】豪華声優陣と個性豊かなキャラクターが勢ぞろい!/[c]令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会

講談社青い鳥文庫で累計発行部数300万部を誇る人気シリーズを原作にした本作は、『もののけ姫』(97)や『千と千尋の神隠し』(01)などスタジオジブリ映画の作画監督を務めた高坂希太郎監督が『茄子 アンダルシアの夏』(03)以来15年ぶりに劇場公開作の監督を務めたことでも話題を集めている。

交通事故で両親を亡くし、祖母の温泉旅館「春の屋」で暮らすことになった小学6年生の女の子・おっこが、ユーレイのウリ坊やライバルの秋野真月に助けられながら次々とやってくる変わったお客をもてなすために、若おかみとして奮闘する姿を描いた笑いあり涙ありの物語だ。

このたび到着した予告映像では、そんな様々な出会いを通じて自分の足で成長していくおっこの前向きな姿が映し出されていく。慣れない仕事に失敗を重ねながら、訪れた人の心を満たす旅館の仕事に魅せられていくおっこの姿。心温まる少女の成長物語を優しく包み込むのは、藤原さくら歌う主題歌「また明日」。現在放送中のテレビアニメ版でも、7月から主題歌「NEW DAY」を提供している藤原が、劇場版のために新たに書き下ろした楽曲に注目したい。

また、本作のムビチケカードが7月20日(金)より発売されることも決定。劇中でおっこが母親を亡くした少年を元気付けるために考案する、黒豆を練りこんだプリンにクリームをかけ栗の甘露煮を岩に見立てた「露天風呂プリン」をモチーフにした、むにゅむにゅの感触が心地よいスクイーズが、全国2万個限定の特典としてプレゼントされる。いち早くゲットして、本作の世界観を堪能してみてはいかがだろうか。(Movie Walker・文/久保田 和馬)