JALが特典航空券の制度を一部変更すると発表。マイルを追加することでキャンセル待ちから座席の確保が可能となるサービスや、国内線特典航空券の予約期限の延長などが実施されます。

国内線特典航空券の予約期限も搭乗日前日までに延長

 JAL(日本航空)は2018年7月12日(木)、JALマイレージバンク会員を対象とした特典航空券をより使いやすくするために、制度の一部を変更すると発表しました。


マイル追加でキャンセル待ちから座席確保が可能になる(画像:JAL)。

 変更点として、「JAL国際線特典航空券PLUS」を2018年12月より導入する予定としています。PLUSは、従来のJAL国際線特典航空券ではキャンセル待ちになっていた場合でも、マイルを追加することで座席の確保が可能に。特典航空券を利用できるチャンスが増え、旅程が立てやすくなります。なお、追加マイル数は残席数によって変動し、満席便など状況によっては手配できない場合もあるとのこと。また、ファーストクラスは対象外です。

 PLUSの導入による特典航空券への交換に必要な基本マイル数の変更はなく、一部の路線においては基本マイル数を従来より少なく設定するとしています。ただし、予約変更が不可となり、旅程を変更する場合は予約済みの特典航空券を一旦取り消し、払い戻しのうえ、新たに予約をとる必要があります。払い戻し手数料は、3100円(税込)です。

 また、2018年7月現在、国内線特典航空券の新規予約や予約変更は出発4日前までですが、10月4日(木)より搭乗日前日までに延長。これにより、国際線、国内線ともに出発日前日まで特典航空券の予約ができます。国内線では従来通り、搭乗日当日に予約便より早い出発時刻の便に空席がある場合、チェックインカウンターにて変更が可能です。