この笑顔に力づけられる人も多いはず(衣装協力Yukiko Hanai)

写真拡大

 乳がんで右乳房の全摘手術したことなどを公表した元おニャン子クラブの女優、生稲晃子(50)。現在はその経験を生かして、政府の「働き方改革実現会議」のメンバーとして活動し、講演活動では闘病しながらも働くことの大切さや家族の絆などを伝えている。なぜ彼女は笑顔でつらい体験を語り続けるのか。

 最初に乳がんが見つかったのは2011年、虫の知らせで受けた人間ドックだった。右乳房にあった腫瘍は8ミリほどの小さなもので、そのときは腫瘍だけを切除した。しかし12年に再発、さらに13年に再々発。医師からは、次に再発したら命の保証はないとして乳房の全摘を進言された。

 「再発がわかったときは、最初にがんが見つかったときよりショックでした。そして再々発のとき、まず頭に浮かんだのが7歳だった娘のことでした。私には娘が成人になるまで見届ける義務があると。だから乳房の切除も決断できたんです」

 笑顔がトレードマークの彼女。周囲には病気のことを明かさず、仕事をしながら闘病を続けていたが、「笑っていても私はがん患者だという思いがどこかにあり、必要以上に元気に振る舞おうとして空回りしていました。家に帰ったら、疲れというか不安が襲ってくる。心身ともにダメージが大きかった」と振り返る。

 公表を決めたのは、乳房の再建手術を受けるとき。「公表することで、同じように苦しんでいる人に勇気を持ってもらえればと思ったんです」

 しかし「本当は自分もつらかった。隠しごとをしているようで、罪悪感も感じていました。でも、公表して自分も楽になりました。前より明るくなったって言われるようになりました」とも。

 現在も投薬治療を続けながら、東海テレビ『スイッチ!』(火曜日)やフジテレビ系『直撃LIVE グッディ!』(水曜日)にレギュラー出演する一方、講演活動ではがん患者が普通に働くことのできる環境の大切さを伝えている。

 「一番大切なのは、自分が社会に必要とされていると思えること。がんになると孤独感や疎外感にさいなまれ、社会から置いてけぼりになった気持ちになってしまう。これでは闘う気力すら失いかねません。私自身、闘病しながらも家族の支えを受けて働いていたことが大きな力でした」

 「私の経験を話して1人でも2人でも頑張ろうと思ってもらえれば、がんになった意味もあるのかな」と語る笑顔は、間違いなくみんなに元気を与えてくれている。(福田哲士)