ヤフオク!ドーム隣接の新商業施設「MARK IS 福岡ももち」が誕生 - 映画館やライブハウスも

写真拡大

新商業施設「MARK IS 福岡ももち」が、福岡・シーサイドももちに2018年秋オープン。

「MARK IS 福岡ももち」は、福岡市のヤフオク!ドームに隣接し、新たな地域のランドーマークを目指す商業施設だ。天神以西では福岡市内最大規模の商業施設となる。コンセプトは、「モモチゴコチ ~まいにちも、とっておきも~ 」。地域の人たちの生活に寄り添った豊富な生活必需品をはじめ、ファッション・雑貨やグルメ、エンターテインメントまで、150〜200の店舗による幅広いコンテンツで、上質なライフスタイルを提案していく。

1Fには、スーパーマーケットを中心とした「食」のゾーンをはじめ、豊富で生活用品を展開。ちょっとした買い物にも気軽に利用できる便利なフロアだ。2Fでは、ファッションや雑貨を販売するほか、ライブホール「Zepp Fukuoka」やイベントスペースなども用意した。

3Fは、フードコートとレストランを中心に配置し、カジュアルファッションやキッズアパレルなどを展開する。家族で休日を過ごすのにもぴったりのフロアになっている。そして、4Fはシネマコンプレックス「ユナイテッド・シネマ福岡」を中心に、エンターテインメント性の高い空間を用意した。

【詳細】
MARK IS 福岡ももち
オープン時期:2018年秋 予定
所在地:福岡県福岡市中央区地行浜2丁目30-24
施設内容:地上8階建(店舗1〜4階、駐車場3〜8階・屋上) / 店舗数150〜200店舗


[写真付きで読む]ヤフオク!ドーム隣接の新商業施設「MARK IS 福岡ももち」が誕生 - 映画館やライブハウスも

外部サイト

  • ビーチフェス「OCEAN PEOPLES’18」が代々木公園に、ビーチフードや野外ライブなど
  • 大型商業施設「三井ショッピングパーク ららぽーと名古屋みなとアクルス」全217ショップ出店
  • セントレアに新商業施設「フライト・オブ・ドリームズ」飛行機の周りにシアトル関連のショップが並ぶ