踏みとどまってほしい(時事通信フォト)

写真拡大

 ついに「シード落ち」が現実味を帯びてきた。ゴルフの日本女子ツアーで2015年に7勝、2016年に5勝をあげて2年連続で賞金女王に輝いたイ・ボミ(29)。昨季は1勝で賞金ランク23位に沈み、さらに今季も極度の不振に陥っている。

「すでに今季ツアーも折り返し手前だが、賞金ランクは81位。かつての安定感は見る影もない。しかも首と肩を痛めて7月下旬まで5試合連続での欠場を決めている。賞金ランク上昇はおろか、復調の兆しさえ見えない」(専門誌記者)

 オフにテコ入れして臨んだはずの今季だが、すべてが裏目に出ている状況だ。

「スイング改造に取り組んだが、平昌五輪で広報大使や聖火ランナーを務めるなど満足な練習ができなかった」(同前)

 女子ツアーのシードは年間獲得賞金ランキング50位までだが、賞金女王に与えられる3年間の出場資格を有するため、2019年まではQT(クオリファイングトーナメント=シード権を得るための予選会)を受けなくても試合には出られる。

 ところが、「今季シード落ちした場合、もう日本ツアーには出ないのではないか」という心配が周囲から上がっている。

「昨季もそんな兆しは見えたが、最近はとくに韓国に帰りたがっている印象が強い。5月末には韓国女子ツアーの試合に出て、地元メディアの取材に“韓国にいる小学生の甥っ子と電話で話すのが心の支え”と話すなど、日本での転戦がつらくなっていることが窺えた。

 数年前から韓国人のトップアマと交際しているという一部の報道がどこまで定かかわかりませんが、日本ツアーの女子プロは横峯さくらや宮里藍らの結婚・婚約ラッシュが続いている。イ・ボミも“そろそろ”という気持ちが強まっているとすれば、“シード落ち”がその契機になるかもしれません」(イ・ボミと近いツアー関係者)

 昨年末のトークショーでは結婚の可能性を聞かれ、笑顔で「ない、ない。(相手が)いるなら、メディアにもファンにも自分で伝える」と話していたが、“その時”が迫っているのか。

「“八頭身美女”のユン・チェヨンら、人気・実力を備えた韓国人選手が続々と日本ツアーに参戦。ボミに帯同するカメラマンやギャラリーが減ってきたことも“帰国決断”を後押しするのでは」(前出・ツアー関係者)

 もっとも、堪能な日本語やギャラリーへの心配りでは「彼女は別格」(同前)という。2000人が登録する日本の公式ファンクラブも悲しむだけに、7月から奇跡の復活を遂げて日本ツアーに“残留”してほしい。

※週刊ポスト2018年7月20・27日号