エンゼルス・大谷(ゲッティ=共同通信社・提供)

写真拡大

 「エンゼルス0−3マリナーズ」(11日、アナハイム)

 スタメンを外れていたエンゼルスの大谷翔平投手(24)が九回、代打で出場し、3球三振に倒れた。

 0−3でリードされて迎えた九回。先頭のフレッチャーに代わって打席に入った。マリナーズ守護神のディアスの速球に2球続けてファウルとなった後、3球目、約156キロの内角への速球にバットが空を切った。前回対戦した3日に続いての空振り三振となった。

 エンゼルスはその後もディアスに抑えられ、3連勝はならなかった。