ボブ・ディランとのツアーで使用、トム・ペティの貴重なギターがオークションに出品

写真拡大

2017年10月に亡くなったトム・ペティのギターが、初めてオークションに出品されることに。その中にはペティがボブ・ディランとのTrue Confessionsツアーで使用した、1965年製のギブソンSGも含まれる。

トム・ペティの1965年製のギブソンSGが、ペティが所有していたその他の物と一緒にオークションに出品されることになり、彼のトレードマークでもあったトップハットもその中に含まれている。レアギター収集家のノーム・ハリスが出品し、7月21日にテキサス州ダラスで行われるヘリテージ・オークションズで販売される予定だ。

チェリーフィニッシュの1965年製のSGは、ヘッドストックにパーロイドのインレイが施され、1988年と記されたペティのサインも付いている。このギターはペティがハートブレイカーズと共にボブ・ディランのTrue Confessionsツアーをまわったときに使っていたことで有名だ。予想落札価格は30万ドル(約3,300万円)と言われている。

ペティはもともとこの1965年製のSGをハリスから購入しており、のちにRose Morris RickenbackerのDouble Bound 360という希少ギターと交換した。このときの取り引きでハリスはペティのステージ衣装も手に入れており、その一部も今回のオークションに出品されることになっている。

これらのアイテムに混じって、ペティがトラヴェリング・ウィルベリーズ時代に被っていたシルクハットも出される(このシルクハットは「Handle With Care」や「End of the Line」のビデオで見ることができる)。それ以外では、Echoツアー中に来ていた騎兵隊のジャケット、1991年のヨーロッパ・ツアー中に着ていたオーダーメイドのロイヤルブルーのジャケット、龍がプリントされた黒いジャケットなどがある。

さらに、1963年製の白いギブソンSGジュニアも目玉商品として出品される。これはペティが所有していたギターが何本も盗まれたあとに、ハリスがペティに貸し出したギターだ。ペティは白のSGを2012年のワールド・ツアーのリハーサルで使用したが、盗まれたギターが見つかったあと、ペティはこのSGにサインをしてハリスに返却した。

ハリスはこのオークションの売り上げの一部をペティが気に入っていたロサンゼルスの慈善団体、Midnight MissionとTazzy Animal Rescue Fundに寄付する予定だ。今回のオークションでは、ペティの死後、初めて彼のギターが売りに出されることになる。