木村拓哉工藤静香の次女で、5月末にモデルデビューしたKoki,(15)だが、モデルとしての力量に疑問の声が上がっている。ファッション業界の一部では「モデルとしてはオファーは難しい」というのだが……。

「他にない“圧倒的な存在感”がないとコレクションでは起用されない。単に背が高い、脚が長い子は平成生まれにはゴロゴロしています。海外で求められるのは冨永愛や杏のような西洋人にはないアジアンやオリエンタルなテイスト。Koki,のような童顔は海外では大人に見られず、コレクションではほぼ圏外。ELLEの動画を見る限り、子供が初めてヒールを履いたぎこちなさを隠すように編集しているように感じます。童顔が通用するのは日本だけ。年を重ねたとき、年相応に見えないのが強みですが、今は武器にならないでしょう」(ファッションジャーナリスト)

■杏、冨永愛との決定的な違い

 芸能評論家の比留間正明氏は、同じく芸能人2世でモデルの杏(32)と比較し、「情報をすべて出し切った感がある」と指摘する。杏は10代の頃は女性誌「non―no」(集英社)の専属モデルからキャリアをスタートし、パリコレでも活躍。乳首が透けるシースルーのワンピースも辞さない“モデル魂”を見せていた。デビュー当初は「渡辺杏」で活動したものの、父が渡辺謙であることは明かさず、後に名字を外し「杏」に改名している。

「その後の展開がないのが疑問。こんなビッグネームなら事前に何かしらの広告やテレビ出演などが決まっていることがほとんど。雑誌発売からこれまでの間にオファーがあってもいいし、作曲の才能でCMソングで関わることもできるはず。それがないとすれば、すでに全部情報を出し切ったと考えざるを得ない。デビューに関しても母親の工藤静香主導。父親の木村拓哉からは何の発信もないところから察するに、ジャニーズ事務所も良く思っていない。今後の親子共演も難しそうなだけに伸びしろに欠けます」(前出の肥留間氏)

 周囲のおせっかいな雑音を一蹴する活躍はできるのか。