逆転負けを喫したイングランド代表のサウスゲイト監督は、クロアチア代表との経験の差を痛感していた【写真:AP】

写真拡大

準決勝でクロアチアに延長戦の末に逆転負け サウスゲイト監督が経験の差に言及

 若き“スリーライオンズ”が夢半ばで倒れた。

 ロシア・ワールドカップ(W杯)準決勝が現地時間11日に行われ、延長戦の末にイングランドはクロアチアに1-2で敗れた。指揮を執るギャレス・サウスゲイト監督は「我々が最も経験の浅いチームだということは分かっていた」と経験の差を痛感していた。英公共放送「BBC」が試合後のコメントを報じた。

 イングランドは試合開始早々の5分にDFキーラン・トリッピアーが直接FKを決めて先制した。しかし、後半にクロアチアのMFイバン・ペリシッチのゴールで追いつかれると、試合は延長戦に突入。そして延長後半4分にFWマリオ・マンジュキッチに決勝点を奪われ、1-2で競り負けた。母国開催で優勝した1966年大会以来52年ぶりとなるファイナル進出を逃した。

 2016年9月にサム・アラダイス前監督の解任を受けて暫定監督となり、同12月に正式に就任したサウスゲイト監督は参加32カ国中、3番目に若い平均年齢26.0歳(開幕時点)というメンバー23人で、このロシアW杯に臨んだ。

 主将を託されたFWハリー・ケイン(24歳)が6ゴールで得点ランクトップに立ち、MFデレ・アリ(22歳)やFWラヒーム・スターリング(23歳)、DFジョン・ストーンズ(24歳)ら20代前半の選手が攻守で要となって28年ぶりのベスト4進出を果たしたが、決勝を逃したことで指揮官は経験の差を実感していた。


「モドリッチやラキティッチはこれまで…」

「我々が送り出したのは今大会でも最も経験の浅いチームで、こういったトーナメントでの試合をプレーすることで高めていくしかないことは分かっていた。ルカ・モドリッチやイバン・ラキティッチは、これまでにビッグマッチでプレーしている」

 レアル・マドリードでUEFAチャンピオンズリーグ3連覇を経験しているモドリッチや、バルセロナのレギュラーであるラキティッチなど、クロアチアには国際舞台での経験豊富な選手を擁していた。若手選手の台頭著しいイングランドには、こうした頼れるベテランは不在だった。

 それでも、サウスゲイト監督は「選手たちのプレー、サポーターのリアクションを本当に誇りに思う」と選手や声援を送り続けたファンを称賛した。次回の2020年カタールW杯でも活躍が期待できる年齢の選手たちが、この大舞台を経験できたことは大きな収穫と言えそうだ。


(Football ZONE web編集部)