JR東日本で車掌が睡魔に襲われドア開閉忘れる 乗客約25人降りられず

ざっくり言うと

  • 11日午後2時半ごろ、JR総武本線の八街駅で特急列車のドアが開かなかった
  • 車掌が睡魔に襲われたため、ドアの開閉を忘れていたという
  • 降車できなかった約25人の乗客は、次の駅で列車を乗り換えて八街駅に戻った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング