WBA世界バンタム級王者の井上尚弥

写真拡大

 WBA世界バンタム級王者・井上尚弥(25)=大橋=が出場表明していた階級最強決定トーナメント「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)」への参戦に合意に達したと11日、公式サイトが発表した。

 同サイトはWBAのベルトを持ってポーズを決める井上の写真付きで「“モンスター”井上とシーズン2に合意」のタイトルとともに、“The Monster”として井上の経歴を紹介。参戦を正式発表した。

 各団体王者などバンタム級のトップ選手8人で争われるWBSSには、これまでにWBAスーパー王者ライアン・バーネット(英国)、WBO王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)、IBF王者エマニュエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と同級の3人の王者がサイン済み。ロドリゲスの初戦が同級3位のジェイソン・モロニー(オーストラリア)となることも発表されていた。さらには元世界5階級王者ノニト・ドネア(フィリピン)と元WBA世界同級王者フアンカルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)も参戦が決定。井上の正式決定で、8人の出場枠のうち7枠が埋まり、残りは1人となる。

 今秋開幕のWBSS・シーズン2では3階級で実施することが決まっており、バンタム級とスーパーライト級で行われることが先行発表されている。