@AUTOCAR

写真拡大 (全3枚)

もくじ

ー 専用エアロでダウンフォース強化
ー 足まわりもアップグレード

専用エアロでダウンフォース強化

アウディ・スポーツ・パフォーマンス・パーツR8エディションとよばれるアウディR8の限定車が発表された。

多数のエアロパーツによりダウンフォースが増強されるほか、サスペンションもアップグレード。さらに特別なボディキットが装着され、その価格は17万6560ポンド(2597万円)に達する。世界合計で44台が生産されるが、英国への導入は5台のみとなる。

アウディによれば、330km/h巡航時のダウンフォースは250kgにも達するという。標準仕様よりも100kg増しで、150km/h巡航時は53kgを発生する。

カーボンファイバー強化プラスチックのエアロパーツが改善点の大半を占める。フロントスプリッター、エアインテーク、サイドスカート、リアディフューザー、大型リアウイングという構成だ。このボディワークはR8 GTの影響を受けたものとみられる。

足まわりもアップグレード

バネ下重量の低減のため、軽量ホイールも装着された。サスペンションは3ウェイの調整式で、フロントブレーキディスクはセラミック製。バッキングプレートはチタン製を採用し、グラム単位で軽量化を進めた。

同様にエグゾーストもチタン製に改められている。車内の装備もいくつかがアップグレードされるようだ。

アウディ・スポーツ・パフォーマンス・パーツR8エディションは最近相次いで発表されているR8のスペシャルモデルのひとつだ。他にも後輪駆動の限定車であるR8 RWSが発表されたほか、2.9ℓのV6エンジンを搭載した仕様も登場する。