『7月11日はなんの日?』オリアンティとのユニット、RSOで再デビューを果たしたリッチー・サンボラの誕生日

写真拡大

 7月11日はボン・ジョヴィの元メンバーとしての活動で知られるギタリスト、リッチー・サンボラの59歳の誕生日。

 リッチー・サンボラは1959年7月11日アメリカ・ニュージャージー州生まれ。1984年『夜明けのランナウェイ』でのデビュー以降、30年以上にわたり音楽界の第一線を走り続けてきたアメリカを代表するロック・バンド、ボン・ジョヴィ。サンボラはフロントマンのジョン・ボン・ジョヴィと並び、バンドの顔としてその人気を牽引してきた。ジョンのボーカルをドラマチックに引き立てるギターフレーズはもちろん、コーラスなどで披露する歌声にも定評があり、ソロ・アーティストとしてもレコード・デビューを果たしている。2000年代に入り、重度のアルコール依存などによって音楽活動に支障をきたすこともあったリッチーだったが、2013年、ツアーの最中に状況が悪化しバンドを離脱し、そのままボン・ジョヴィを脱退している。しかし、脱退後もジョンをはじめボン・ジョヴィのメンバーとの関係は決して悪くなく、今年4月におこなわれたボン・ジョヴィの【ロックの殿堂】入りの授賞式にも元メンバーとして出席、演壇に上がっている。

 ボン・ジョヴィ脱退以降はソロ活動のほか、マイケル・ジャクソンとの共演で注目を集めた女性ギタリスト、オリアンティとのユニットRSOとして活動を続けており、先月20日にはRSOとしてのデビュー作『レディオ・フリー・アメリカ』をリリースしている。