11日、韓国メディア・国民日報は、ワールドカップロシア大会の準決勝で、観客席に「旭日旗を連想させる旗が登場した」と報じた。資料写真。

写真拡大

2018年7月11日、韓国メディア・国民日報は、ワールドカップ(W杯)ロシア大会の準決勝で、観客席に「旭日旗を連想させる旗が登場した」と報じた。

記事によると、問題の旗は10日にサンクトペテルブルクで行われたフランス対ベルギー戦の前半終了間際にテレビに映った。デザインは旭日旗とよく似ているものの、色は緑だったそうだ。しかし、すぐさま韓国のポータルサイトでは「旭日旗」「戦犯旗」の検索ワードが急上昇したという。

記事は旭日旗について「日本の侵略戦争を象徴する旗」と説明し、これを掲げれば「ナチス・ドイツのハーケンクロイツと同じように、戦犯国との烙印を押された自国民はもちろん、韓国、中国、タイ産、フィリピンなど侵略被害を受けた周辺国や、米国、英国、豪州など連合国への嘲笑と思われかねない」と伝えている。国際サッカー連盟(FIFA)は会場内での政治的宣伝を禁止しており、欧州の場合はナチス式敬礼も懲戒対象になっている。

問題の旗が掲げられた理由などは分かっていないというが、記事は「戦犯旗の意味を知らない欧州サポーターの無知によるもの」としている。

W杯ロシア大会では、グループリーグH組の日本対セネガル戦でも観客席に旭日旗が登場。またFIFAの公式スポンサーであるアディダスのPR動画にも旭日旗が使われ、韓国で物議を醸していた。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「日本が過去を反省しないからこうなる。ドイツを見て学んでほしい」と主張する声や、「戦犯旗を厳しく処罰するべき」「韓国のサッカー協会が抗議するべき」と求める声が上がっている。また「日本の経済力は世界トップレベル。FIFAと裏で取引きしているのでは?」と疑う声も。

一方で「旭日旗に文句を言うのは世界中で韓国だけでしょ?過去に縛られてあれこれわめくのは恥ずかしい」「色が違うなら旭日旗ではない」と指摘する声も見られた。(翻訳・編集/堂本)