“世界の一風堂”が監修した「IPPUDO ダブルチャーシュー ラーメンバーガー」(2280円)

写真拡大

ハードロックカフェ福岡店(福岡市博多区)に、7月2日(月)〜8月31日(金)の期間限定で、博多ならではのコラボをしたご当地バーガーが登場した。

【写真を見る】福岡のブルワリー「ブルーマスター」のクラフトビール3種類も期間限定で楽しめる

■ 既存メニューを一風堂風に昇華

ハードロックカフェといえば、アメリカナイズされた店内で音楽とボリューム満点なアメリカの家庭料理を楽しむレンストラン。九州唯一の博多店では、7月2日(月)〜8月31日(金)の期間で、九州の食材を使ったメニューが登場する「THIS IS HAKATA 2018」というキャンペーンを開催中だ。

博多地域限定メニューとしてすでに発売中の「博多ラーメンバーガー」を監修したのが、福岡を拠点に博多ラーメンの魅力を全世界で発信する「一風堂」。そして出来上がったのが「IPPUDO ダブル チャーシュー ラーメンバーガー」(2180円)だ。看板メニューの「赤丸新味」を味の基本とし、特性チャーシューをアレンジしたパティ、細麺を使用したラーメンのバンズ、オリジナルの「赤丸ケチャップ」など、随所に“一風堂らしさ”を感じるバーガーとなっている。

■ 夏向けのアイスクラフトビールもチェック!

期間中は、福岡市内にブルワリーをかまえるクラフトビールメーカー「ブルーマスター」のボトルビールも3種類販売する。フルーティーさとすっきり感が特徴の定番銘柄「ブルーマスター」(980円)、凍る寸前の低い温度で熟成させ、福岡県久留米市特産のはと麦をアクセントにした夏にぴったりのアイスクラフトビール「プレミアムアイス ブルーマスター」(1080円)、大分県産のカボスとはちみつを使ったフルーツエール「かぼす&ハニー」(1080円)がラインナップ。

九州なではのコラボメニューと料理によく合うクラフトビールを、この機会に味わい尽くそう!(九州ウォーカー・森川和典)