梅雨明けと同時に真夏のような強い日差しが!しっかり紫外線ケアをしてるのに、なんだか黒くなった?と思っている人はいませんか?もしかしたら、そのUVケアは間違っているのかも……!?

年齢とともに、ターンオーバーの日数は長くなっていきます。浴びてしまった紫外線がシミやシワになる前に。
正しい知識を身に付けて、美肌をキープしましょう!

日焼けは肌の老化のもと、きちんとUVケアしましょうね。

日焼けをしてしまったら、どうする?

日焼け止めをしっかり塗っても、紫外線を100%防げるわけではありません。日中外にいれば、日焼けをしてしまうことも。

曇り空でも紫外線は降り注いでいます。

そんな時、みなさんはどのようにケアしていますか?

慌てて、美白化粧水や美白パック等に手を伸ばすのはNG!そのお手入れで、お肌にダメージを与えている可能性があります。
日焼けで赤くなったり、皮がむけている肌は「やけど」をしたのと同じ状態!美白コスメにはビタミンCを配合しているものが多く、弱った肌には刺激になることも。日焼けをして肌が赤くなってしまったら、まず冷やして炎症を抑えることが大切!まずは、化粧水ではなく、氷水等で冷やしたコットンで肌をクールダウン。

お肌をクールダウンさせて。

パッティングや美白コスメは、赤みやほてりが治まるまで控えましょう。数日は敏感肌用のコスメや、抗炎症作用のあるコスメで様子を見ましょう。

効果的な日焼け止めの塗り方とは?

今は1年中日焼け止めを塗っている方も多くなり、美肌をキープするには紫外線対策が重要、ということは周知の事実に。

日焼け止めに記載されているSPF値は数が大きい方が、PA値は+の数が多い方が紫外線カット効果が高いことも、ご存知だと思います。

では、顔と体では効果的な塗り方が違う、ということはご存知ですか?

顔に塗る時

2度塗りがキホン!
手のひらに1円玉大をとり、額、鼻、両頬、顎に乗せ、顔全体にムラなく広げます。これを2回!テカリやメイク崩れが気になる人は、日焼けしやすい両頬だけでも2度塗りを!

体に塗る時

腕や脚に塗る場合は、容器から直接塗りたい部分に出して、指全体を使ってムラなく伸ばします。らせんを描くように広げると、塗り忘れ部位を防げますよ!ポイントは手のひらではなく、指で塗り広げることです。

指で塗り広げるように。

もっとコスメの効果的な使い方を知りたい方は、ぜひ読んでみて!

『効果が9割変わる「化粧品」の使い方』



■賢人のまとめ
顔の日焼け止めは、メイクの後に塗り直せないので、メイク前にしっかりと!ボディーは汗・皮脂・こすれでも落ちるので、2〜3時間おきに塗り直しましょう!

■プロフィール

オフィス美容の賢人 小西さやか

コスメコンシェルジュ。化粧品の研究や開発に携わってきたスペシャリスト。
現在は、一般社団法人日本化粧品検定協会を設立。
代表理事として、美容コラムの執筆、日本流行色の選定、メイクアップトレンドカラー本の監修を行っている。
最新著書「99%のクチコミは間違っている?! 勘違いだらけのコスメ神話」が2014年1月17日発売。
可愛くなりたいと頑張る女子こそハマってる!?コスメに関する意外な「勘違い」を一問一答形式で解説します!

「99%のクチコミは間違っている?! 勘違いだらけのコスメ神話」 http://www.amazon.co.jp/dp/493828054X/

小西さやかオフィシャルブログ:http://ameblo.jp/panntyann1/

2014年5月開催「日本化粧品検定」HP:http://www.cosme-ken.org/