これをされたらイチコロ?女友達から彼女に格上げしちゃうアプローチ

写真拡大

彼のことが好きでたまらない!でも、あまりしつこくアプローチしたら嫌われてしまうかもしれないし…。この悩みってつき合う前も、つき合った後もつきまといますよね〜。ズバリ男子が思う、「つき合う前に、これされたらうれしい」を聞きました。

今回も、前回登場した、いろいろな業種の男子に語ってもらいました。

どんなアプローチされたらうれしい?

陽向謙斗さん(26歳・モデル。以下.K)
「見た目が筋肉質で、いかついイメージだからなのか、意外!って驚かれるけど、手紙でやりとりしたり、交換日記とかしてもらえたらうれしいな。今の時代、LINEとかで既読ついた、つかないのってメンドウで」。

安田悠人さん(30歳・美容師。以下.Y)
「その話、わかるかもしれない。男は意外とロマンチストも多いからね。自分は、季節のイベントごとに誘ってくれたらうれしいな。気になってる子から誘われたら、花火とか人混みとか好きじゃなくても、行く笑」。

田中しょうさん(27歳・PR会社。以下.S)
「確かに、どこに行くかより、誘ってくれることがうれしい。それが定番のデートコースだと、こっちも意識しちゃうよね。あと、会話の中で、“誘わせる子”は惹かれるかもしれない。恥かしいのかな?ってリードしたくなる」。

TOMMYさん(27歳・見習い美容家男子。以下.T)
「しっかりとアクションを起こしてくれるのが、男子からするとうれしいよね。自分のために勇気出してくれたんだなって」。

S「勇気がないって意見も聞くけど、スケジュール教えてる時点で、誘われても大丈夫なわけだから、自信持って誘ってほしいよね」。

K「あとは、しっかりと怒ってくれる子!自分のことしっかり考えてくれてるんだなって思う」。

S「それは、わかる。男って調子乗りやすいから、ほどほどに怒ってくれると気が引き締まるよね(笑)」。

T「だらしない生き物ですからね〜(笑)。誕生日とかバレンタインに、お祝いしてくれるのもうれしくない?楽しい家庭築いてくれるんだろうなって妄想したりして、将来まで意識しちゃう」。

Y「お祝いごとって、自分の存在が相手の中にあるのが確認できて、うれしくなるよね。あとシンプルに、場所にもお金にも頼らないで、公園行こうって誘ってくれたのが一番うれしかったかもしれない」。

S「いいですよね!そういうの。ただ、会いたいって気持ちがうれしい」。

それぞれ異なる業種の4人の意見でしたが、いかがだったでしょうか。あまり距離が近すぎても引かれてしまいますが、自分の気持ちをしっかり行動に出して伝えることがポイントかもしれませんね。

 

プロフィール

陽向謙斗(ひなたけんと)

ギグマネジメントジャパン所属、Mutaイメージモデルを務め、2018年6月24日に開催された、summer style award 2018東京大会(スタイリッシュ・ガイ部門)、FITNESSSTAR JAPAN大会(Men’s fitness model部門)に出場し2冠を飾る。
http://www.gigmanagement.jp/gigco.php?name=KENTO_HINATA

安田悠人(やすだゆうと)


現在、Laughful Hair Salonにて美容師として活躍。青山の有名ヘアサロンにて経験を積み、店長としてたくさんのお客様を担当。薬剤の知識に基づく丁寧なカウンセリングと繊細な技術でサロンワーク中心に活躍。詳しくはこちらhttps://laughful-hair.com

TOMMY(とみー)


見習い美容家男子として、インスタグラムで男の美容コラムを連載。美の追求に手を抜かない美意識の高さで活躍。アカウントはこちら@tommy_minho

田中しょう(たなかしょう)


現在会社員として働いているが、幼少期から自然に触れ、6歳のころにはカヌーで川下りするまでに。現在父親がキャンプ場経営をしていることから、もっぱらアウトドアな休日を過ごす。

ライター 木村泰河(YOLO編集部)