【心理テスト】ウイスキーの飲み方でわかる、恋に落ちるスピード

写真拡大

 恋に落ちるスピードは、人によってさまざま。会った瞬間から始まる恋もあれば、友人関係から徐々に恋を意識するケースもあります。では、あなたの恋に落ちる速さはどのくらいなのでしょうか。心理テストで探っていきましょう。

【質問】
 ウイスキーを飲むとしたら、どう飲む?

A:ストレート
B:ロック
C:ソーダ割り
D:水割り

 あなたはどれを選びましたか? さっそく結果をみてみましょう。

【診断できること】
「あなたの恋に落ちるスピード」
 お酒も恋も人を酔わせるもの。ウイスキーの飲み方によって、酔うスピードには差が出ます。どんな飲み方を好むのかで、あなたが恋に落ちる速さがわかるのです。

■A:ストレート……一目で恋に落ちる
 ウイスキーをストレートで飲むあなた。強いお酒を原液のまま飲めば、酔いがまわるのはすぐでしょう。あなたは一瞬で恋に落ちてしまうタイプ。一目惚れをすることが多いのではないでしょうか? 好きだと感じたら、最初からスピード全開で突き進みます。しかし、恋の持続力には少々欠けるので、恋が終わるのも早いかもしれません。

■B:ロック……1回デートしたら
 ロックのウイスキーは、氷がアルコールの強さを少し緩和しますが、酔いを感じるのは遅くはありません。これを選んだあなたは、気になる相手とは試しに1回デートをしてみようとするタイプ。そして、デートが盛り上がったら、その帰り道にはもう付き合う気満々になるでしょう。恋に落ちるスピードは、まずまず速いといえます。

■C:ソーダ割り……友達の期間を経て
 ウイスキーのソーダ割りは、アルコールが薄まるので酔いを感じるのは遅めです。ただ、飲みやすいため、ついつい杯を重ねてしまうも。これを選んだあなたは、恋に落ちるのはゆっくりなタイプ。気になる相手ができたら、まずは友達になろうとするでしょう。お互いのことをきちんと知ってから、恋を始めるか判断したいタイプです。

■D:水割り……かなりの月日がかかる
 水で割ったウイスキーは、アルコール度数がかなり低くなり、酔いづらくなります。これを選んだあなたは、恋に落ちるのはかなり遅いようです。自分の気持ちに鈍感なのかもしれません。果たして相手を本当に好きなのかどうか。自分の気持ちを確かめるのに、かなりの月日が必要なのです。

 恋に落ちる瞬間は、日常の至るところにあります。あなたにもいつそんな瞬間が訪れるかわかりません。いつでも恋ができる準備をしておきましょう。
(紅たき)
※画像出典/shutterstock