夏らしい暖簾をくぐって会場に入る

写真拡大

京都水族館(京都市下京区)で7月7日(土)から9月2日(日)まで新感覚の金魚の展示「WOW!金魚あそび」が開催される。「見る・知る・感じる」の3つのコーナーでの体験を通じて、金魚のルーツや不思議な魅力を知ることができる。

【画像】「金魚ソーダ〜金魚鉢付き〜」(750円)。容器は持ち帰りができる

■ 服を着たまま水の世界へダイブ!

デジタルの世界で金魚と遊べる「ちゃぷちゃぷ金魚」は新システム スマッチを使った体験型アトラクション。

足跡が波紋になったり、泳いでいる金魚に手をかざすと近寄ったり逃げたりする。人の動きに合わせて変化し臨場感あふれる体験ができる。

■ 見るたびに表情を変える大型アクアリウム

「京都金魚伝説」はアクアリウムクリエイター宮澤雅教氏による太古の京都と森と泉をイメージしたアクアリウム。日本各地から集められた流木や植物がダイナミックにレイアウトされた全高約3メートルの大型展示だ。

50匹ものコメットが長い尾びれで優雅に泳ぐ姿は、まるで妖精の舞。幻想的な水中世界に引き込まれる。

■ 本展描き下ろしの巨大イラストパネルも

人気イラストレーター ぬまがさワタリ氏描き下ろしの巨大イラストパネルで金魚について学べるのが「金魚ストーリー」。イラストパネルとともに5種類の金魚を展示し、そのルーツなどが学べる。

■ 自分だけの金魚が作れる「夢金魚」

夏休みの工作にぴったり。自分だけの金魚が作れる体験プログラム「夢金魚」も。金魚のかたちをした台紙に色紙を貼り合わせ自分だけの金魚を生み出す。できた金魚は金魚すくいの袋に入れて持ち帰れる。体験は無料で各日300名まで。

■ 涼しげな限定メニューも

館内のハーベストカフェでは限定メニューも。「金魚ソーダ〜金魚鉢付き〜」(750円)は可愛い金魚鉢型の容器に入ったフルーツソーダとベリーが爽やかなドリンク。金魚鉢は持ち帰りできます。

「金魚ソフトクリーム」(360円)は金魚の赤をイメージしたラズベリー味のソフトクリーム。

お土産コーナーには可愛い金魚グッズもたくさん。この夏は水族館で涼しく金魚遊びしよう。(関西ウォーカー・二木繁美)