関東甲信越地方では、異例とも言える早さで梅雨明けしました。日本各地、すでに真夏日、猛暑日が続出。都市部ではやくも熱帯夜を迎えています。寝苦しい夜にもんもんとしていては、疲れが取れず夏バテしてしまいますね。

睡眠コンサルタントの友野なおさんに聞いた「熱帯夜でも快適に眠るための方法」をおさらいしましょう。

1.背中がムレないシーツを選ぶ

夏の夜の寝苦しさの理由のひとは背中に熱がこもってしまうことです。背中には汗腺がたくさんあって汗をかきやすい。仰向けで背中を下にして寝ていると、背中がムレてしまうわけです。

そこで工夫したいのがシーツです。ポイントは放湿性と放熱性の高い素材を選ぶこと。

私のおすすめはイグサのシーツです。吸湿性が優れている上、硬めなので体との間に隙間ができやすく、通気性も高く、涼しく感じられます。麻のシーツもおすすめです。放湿性、放熱性に加え、吸湿性に優れています。麻は通年使える素材ですが、夏は特に適しています。

2.枕も通気性のよい素材を選ぶ

実は背中以上に汗をかきやすいのが頭。ですから枕の中身の素材も重要です。通気性、吸湿性、放湿性も高い素材を選びましょう。

その点、おすすめできるのはパイプ素材とビーズ素材です。通気性が高く、丸洗いもできます。そば殻も通気性があって涼しいのですが、そばアレルギーがある方は注意!絶対に使わないでください。

3.抱き枕で通気性を確保する

夏に意外な効果を発揮するのが抱き枕です。自然と横向きになって寝るので背中がムレにくくなります。また、枕を抱くことで脇の下、足の間に自然に隙間ができ、通気性も確保されるというわけです。

4.頭を冷やすのはOK 

冷凍庫で凍らせて使う冷やし枕も有効です。頭は汗っかき。それは頭の中が熱いから。頭部を冷やしてあげることで体温を下がりやすく、入眠しやすくなります。

注意したいのは冷やし枕を当てる場所です。暑いからと言って首筋に当てると、冷たすぎて逆に入眠を妨げてしまうおそれがあります。あくまで頭を冷やしましょう。頭寒足熱の原則は夏も変わりません。

5.パジャマを着よう!

夏に限りませんが、特に寝苦しさを覚える季節には着ているものにも気を使いたいもの。部屋着のTシャツ、短パンをパジャマ代わりにしていませんか? 綿や麻素材の、通気性、吸湿・放湿性の高いパジャマを着て寝ましょう。暑いからといってキャミソールなど露出の多いものは、体が冷える原因になりNGです。

6.ぬるめのお風呂にしっかり入る

シャワーで済ませてしまう人が多い夏ですが、それが寝苦しい夜の一因にもなっています。夏とはいえ、オフィスや電車のエアコンでギンギンに冷やされ、体の芯から冷えてしまっている女性は少なくありません。また、夏は冷たい飲み物、食べ物をとることも多く、これも体を冷やす原因です。

冷えを解消するにはやはりお風呂がいちばんです。38〜40℃ぐらいのぬるめのお湯に20分、しっかりつかってください。血行がよくなり、副交感神経が優位に働き始めると、自然に睡眠モードへ移行していきます。

以上、熱帯夜に快眠するためにやっておきたいことでした。W杯が終わっても、暑い夜はつづきます。しっかり眠り、しっかり疲れを取り、楽しい夏をお過ごしください!

まぶしい夏が呼んでいる! 快眠で夏を元気に!



■賢人のまとめ
暑さで睡眠が十分にとれないと、仕事にも影響が出てしまいます。良質な睡眠を得るためにも、6つのテクニックを活用してくださいね。

■プロフィール

睡眠の賢人 友野なお

睡眠を改善したことにより体質改善に成功した経験から、睡眠を専門的に研究。
科学でわかるねむりの環境・空間ラボ主宰。著書に『やすみかたの教科書』(主婦の友社)、『疲れがとれて朝シャキーンと起きる方法』(セブン&アイ出版)、『正しい眠り方』(WAVE出版)など。