出典: https://www.shutterstock.com/

付き合っているからといって、常にいつでも一緒にいたりすると、やはり飽きやマンネリを感じやすくなるものです。

いつまでも仲良くいるためには、ある程度は距離感を取ることも大事になってくるでしょう。

そこで今回は、彼氏と“心地いい距離感”を保つ方法を紹介します。

 

■「お互いの時間」を尊重する

カップルである以上、もちろんふたりの時間はとても大切なものです。でも、恋人と過ごす以外の時間だって、すごく価値のある大事なものであることは間違いないので、“お互いの時間”を尊重し合うようにはするべきです。

ひとりの時間も多少は持ち合って、友達に会ったり、趣味を楽しんだりすることで、ストレスや不満も溜まりにくくなるもの。会わない時間があると、相手のことを考えたりもするし、“会いたい”という思いが芽生えたりもするので、ふたりの恋愛へのいい刺激にもなるでしょう。

 

■連絡を「義務化」はしない

付き合っている相手とは、毎日のように連絡を取り合ったりもするでしょう。お互いに楽しんでそれを行っているのであれば何も問題はないですが、次第に義務のように感じるようになってくると、重荷や苦痛にもなってくるはず。

なので、“毎朝起きたらLINEをする”とか“寝る前には毎日電話をする”など、必ず行わなければいけないような状況を作ってしまうのは危険といえるかもしれません。自然な形で連絡が取り合えるような距離感は、さすがに保っておくべきですよ。

 

■相手を「自分のもの」だと思い込まない

恋人に対しては、ついつい“自分のもの”といった思いが強くなったりもしがち。ただ、そういう考えが大きくなればなるほど、束縛や干渉、詮索などが生まれてくるので、ふたりの距離感もどんどんおかしくなっていくはずです。

いくら恋人同士とはいっても、お互いにちゃんと自立したひとりの人間です。そこに過剰な独占欲や束縛心を持ってしまうと、ふたりの関係も壊れていくだけ。ちゃんとひとりの人間として尊重し合えるふたりになれたら、居心地だってすごく良くなるものですよ。

 

■会わないときは「放置する」

一緒にない会わない時間のときも、ずっと恋人からLINEが送られ続けたりしたら、間違いなく鬱陶しく感じるもの。何か大事な用件があるのなら仕方がないですが、そうじゃないのであれば、会わないときは放置してあげることも大事です。

心配になったり寂しかったりするのかもしれませんが、たまには恋人に気兼ねなく過ごせる時間も持ちたいはず。放置をするのは信頼しているからこそできることでもあるので、その信頼を簡単に裏切るようなことは相手もできないものですよ。

 

好きだからといって距離感を詰めすぎてしまうと、それが別れの原因にもなりかねません。ちゃんと心地いい距離感を保つことができれば、理想のパートナーとして、いつまでも一緒にいられるはずですよ。

【画像】

※ Sergii Sobolevskyi/shutterstock

【関連記事】

「結婚しよ!」“体だけの関係の彼”につい送ってしまったセンチメンタルLINE

ワンナイトラブならいいけど…「付き合うのはNG」な女子の特徴

アラサー男がぶっちゃけ。「彼女にこれで落ちました!」LINEエピソード

男が発している!さりげない「好き」のサイン

アラサー女がハマった「年下ヒモ彼氏」からのLINE