川口春奈インスタグラムより

写真拡大

 サッカーW杯ロシア大会・決勝トーナメントに進出した日本は7月3日未明、ベルギーに惜敗し初のベスト8入りを逃した。それでも、日本代表チームは同大会を通じて国民を大いに熱狂させてくれたが、「その裏では複数の芸能人が批判を浴びていた」(芸能ライター)という。

「日本対ベルギー戦終了後にインスタグラムを更新した川口春奈は、『最高でしたね! ほんとにほんとにお疲れ様でした!』といったコメントとともに、日本代表ユニフォーム姿の自撮りを公開。しかし、その頬にはなぜかオリンピックの五輪マークがデカデカとペイントされていたんです」(同)

 ファンの中には「早くも2年後のオリンピックを見据えているのか!?」と前向きに捉える者もみられたが、「W杯とオリンピックの違いもわかってなさそう」「キメ顔なだけに恥ずかしいね〜」「やっぱり“にわか”だったんだ」との声も。

「川口はその後の投稿で『JJで2020年のオリンピック企画で五輪マーク描いてもらったけど服はサッカーってだけ』と釈明しましたが、これに対しても『言い訳にしか聞こえない』『じゃあなんで最初の投稿で説明しなかったんだ?』などとツッコまれています。川口といえば、5月17日の投稿でロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手の試合を観戦しに現地入りしていたことを明かしており、その時はその時で『あわよくば大谷選手とお近づきになろうって魂胆?』と疑われる始末で、何をやってもにわか丸出しに見えてしまうキャラなんでしょう」(同)

 ちなみに、川口は11年度の全国高校サッカー選手権大会で「7代目応援マネージャー」に選ばれた過去を持つが、15〜17年まで「2代目Jリーグ女子マネージャー」を務めた佐藤美希も、今回のW杯でアンチを増やすことに。

「佐藤はホリプロの先輩・足立梨花の後任としてマネージャーに抜擢され、今年からは足立と同じく『Jリーグ名誉マネージャー』に就任しています。しかし、佐藤はもともと横浜FC所属の“キング・カズ”こと三浦知良選手すら知らなかったほどサッカーに疎かった」(スポーツ紙記者)

 今回、佐藤はNHKのW杯番組のスタジオキャスターに抜擢されたものの、解説のために来てもらっていたガイナーレ鳥取前監督・森岡隆三氏の名前を言い間違えたり、ウルグアイ対エジプト戦に関するコメントで選手の名前を間違えたりして、視聴者をいら立たせた。

「選手の名前については稲垣秀人アナウンサーが訂正しましたが、佐藤は気にせず話し続け、ネット上には『せっかくのW杯なのに佐藤のせいでイライラする!』『サッカーの知識もないくせして妙に自信満々なところもムカつく』『なんで佐藤みたいなヤツがキャスターやってるの?』といった批判が噴出。一方で、佐藤のファンからは応援の声が寄せられ、足立も6月16日付のTwitterで『みんなが思ってるよりテレビで喋るのって緊張するし頭ではわかってても口が動かなかったりするものですよ』と、後輩を擁護するような投稿をしていました」(同)

 そんな足立ものちに、自分が炎上の中心人物となってしまった。

「日本対ポーランド戦で物議を醸した“ボール回し”について、足立は28日深夜に『いやいや、そんな試合は見たいくない(本文ママ)』などとツイートし、批判が集まると『なんかほんとここ最近、サッカー関連でめんどくさい人多すぎ なんなの?好きなこと呟かせてよ 嫌なら私のツイート見るなよ 返事するなよ いろんな人のいろんな見方があっていいじゃんか。めんどくさいな』と、明らかにキレ気味の態度を取ったんです」(同)

 ネットユーザーからは「自分の意見があるのはいいけど、芸能人の発言には反響があって当たり前」「逆に、嫌ならリプライ見るなよ」「選手や監督の気持ちを考えたら、こんなこと言えなくない?」といった指摘が相次いだ。

「たしかにこの“ボール回し”には賛否両論がありますが、石田純一や野村周平など否定的なコメントを出したほかの芸能人もバッシングを浴びました。足立の場合は反感を買いやすいツイート内容に加え、対応したこと自体がミスだったと言えそうです」(同)

 フィールドの外でもあちこちに波紋が広がっていたW杯は、それだけ注目を集めるビックイベントということなのだろう。