とにかくココだけ塗ればOK!ぱっちりデカ目に見せる3ポイント

写真拡大 (全4枚)

目を大きく見せるために新色のアイカラーを買ったり、まつエクをつけたりと工夫している人も多いはず。でも、目を大きく見せるのは「錯覚」が重要。まつエクなしでもアイカラーが何色でも、そんなの関係なく目を大きく見せるには、ココに手をかけるのが重要!

【詳細】他の記事はこちら

目頭切開ラインで芸能人みたいなくっきりアイに

抜け感のあるメイクが流行ってるし、アイラインは省略気味…という人も多いですよね。

でも、パッチリ目に見せたいなら、やっぱりひと手間かけましょう。よく言われるのは「黒目の上をしっかり描く」「目尻をのばして目を切れ長に」ですが、よりさりげなく目を大きくするなら「目頭側」が重要なんです。

黒目から目頭にかけてまつ毛の間をアイラインでしっかり埋め、目頭の切れ込みまでラインを引く「目頭切開ライン」を入れます。

リキッドだと昔っぽい目元になるので、ペンシルライナーがオススメです。正面からは大きく変わりませんが、多くの人の目頭にある「蒙古ひだ」が切開されたように見えるので、大きな目と錯覚させられるんです。

鏡の中の自分より、斜めや横からの他人目線で効果を発揮するデカ目ラインです。

まつ毛の根元を攻めてデカ目に

目を大きく見せるには「全体にしっかり塗り」よりピンポイントのテクが効くことも。

一発で大きな目になるなら、まつ毛を根元からしっかり上げるのが大事です。しかも、まつ毛の中〜毛先はカールさせず、根元のみに集中するのがコツ。こうすると目のフレームより上にまつ毛の毛先が来るので「大きな目」「可愛い」という印象に。

さらに、まつ毛の隙間を黒のアイラインでしっかり塗りつぶせば、まつ毛がびっしり生えているように見えるので、濃いアイカラーを使わなくても目が際立ちます。

特に、目頭側のまつ毛はしっかり上がっている人が少ないので、きちんと上げれば人とより差のつくデカ目になれますよ。

5ミリは大きく見せられる!「涙袋」メイク

目の大きさは普通でも、パッと見て「この辺りまで目」と感じる部分が広ければ、十分デカ目印象になります。

そこで手を加えたいのが「涙袋」。アイラインは2ミリ幅でも「メイクが濃い」印象ですが、涙袋なら余裕で5〜7ミリは目のタテ幅を稼げます。

もともと、ふっくらした涙袋がある人は、明るいベージュピンクのアイカラーをさっとのばせばOK。あまりない人は、明るいアイカラーを引いてその下にアイブローペンシルなどで影をつければ生まれつきのような涙袋が。

可愛らしくなってしまうのがイヤという人は、薄いパールブラウンを涙袋エリアにぼかし、ビューラーで下まつ毛を下げるのが効きます。目のタテ幅が増えて、頬が短く見えるので今っぽい顔立ちに近づくのも涙袋メイクの嬉しいところです。

メイク時間が短くても、劇的にデカ目になることはできます!目の印象を左右するところだけしっかりメイクして、ラクして可愛い印象を手に入れてみては?

「#デカ目効果」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■それ実は目が小さく見えてます!プロが教えるNGアイメイク6選
■ALL1200円以下!プチプラコスメでナチュラルデカ目メイク法
■たったの2ステップ!整形級!自然&強力な二重まぶたの作り方
■今持ってるアイテムでできる♡デカ目効果バツグン!アイメイク
■うるうる瞳で目元の美人度アップ♡大人な涙袋をつくる方法