新築タダで島根へ「Uターン家族」の現在

写真拡大

■20年で住居、25年で土地がタダで手に入る

田舎でゆっくり子育てをしたい。そんな人たちを受け入れようと、地方の自治体ではいろいろな取り組みが行われている。

島根県美郷町が取り組む「若者定住住宅」は、移住者を対象に実質無償で土地付きの住居を譲渡する制度だ。

「20年以上の定住を条件に、3LDKの新築一戸建てを家賃3万円で提供。20年住めば住居を、25年で土地を無償提供します」(美郷町役場・定住推進課の和田哲也氏)

対象となるのは、概ね40歳以下の夫婦で小学生以下の子どもがいる家庭。2007年度の実施開始以来、毎年3〜8棟を募集。現在も5棟募集している(18年3月30日締め切り)。これまで45家族、延べ212人がこの制度を活用し移住した。移住者はU・Iターンの人など県外からの引っ越し組が半々だ。

この制度を利用し、13年に広島市から移住したのが、森下さん一家。もともと、将来的には妻の生まれ故郷である美郷町で暮らす計画はあったものの、「若者定住住宅」のことを知り、予定を大幅に早めて移住を決断した。

「新築で、間取りや壁紙なども数パターンある中から選べる。子どもが大きくなったときのことをイメージしながら、『どんな家にしようか』と夫婦で考えるのはすごく楽しかったですね」(森下勝彦氏)

■転入で5万円、町内就職で20万円、子ども誕生で30万円

よかった点はそれだけではないという。

「子育て支援が手厚いんです。保育園の保育料は数千円程度。医療費はもちろん、予防接種などの費用は全額助成されます。子育てにほとんどお金がかからないんです」(森下氏)

しかも40歳以下の移住者には5年の定住を条件に、転入すると5万円、町内で就職すると20万円、さらに子どもが生まれると30万円といった補助金制度もある(地域商品券での支給)。

現在は大型車のドライバーの仕事をしている森下さん。実は申請途中で「仕事が見つからないのでは」と不安に襲われ、断ろうとしたそうだ。しかし義父の紹介で今の仕事が見つかった。

「給料はかなり下がりました。でも、移住前に比べて家賃は半分以下で、子育ての出費も減ったので貯金は増えています。引っ越してきて新車を買うこともできました」(森下氏)

移住者の不安を軽減するため、美郷町役場では建築、保育、福祉の分野で移住者への職業紹介もしている。

■思っていたより、田舎じゃなかった

もう1つの不安は「地域の人たちとの人間関係」だったが、それも杞憂に終わる。

「とにかく気のいい人ばかり。自治会の行事も盛んで、参加するたびに『若いもんが増えて嬉しい』と皆さんに声をかけていただけるんです」

映画を見たり、飲みに行く機会は減ったというが、子どもと散歩したり、家族と過ごす時間が増えたことで毎日が楽しくなったと語る森下さん。

「思っていたよりも全然田舎じゃないです(笑)。コンビニも近くにあるし、保育園も学校も近いので、街には活気がありますよ。それでいて空気のきれいな場所で子どもを育てられるのは何よりの喜びです」(森下氏)

町内は待機児童ゼロ。在宅育児手当の支給や給食費の助成、放課後児童クラブが無料など、ほかにも育児支援制度は充実している。町では、今後も育児制度の充実を図っていくそうだ。関心がある人は美郷町役場のHPをチェックしよう。

(志村 江)