京都銘菓「八ッ橋」の起源をめぐる訴訟は、業界全体を巻き込む可能性がある(撮影:今井康一)

6月12日、京都市内では2つの法要が執り行われた。

追悼されたのは、今から333年前の1685年(貞享2年)6月12日に没した八橋検校(やつはしけんぎょう)。江戸前期の著名な箏(そう、和琴によく似た楽器)曲演奏家。浄土宗の金戒光明寺の脇寺、常光院(通称「八つはしでら」)に眠っている。

同日、この寺で、八橋検校の334回目の法要が執り行われた。施主は井筒八ッ橋本舗(以下、井筒)。京都土産の代表格「八ッ橋」の大手業者だ。同日午後、哲学の道にほど近い法然院でも八橋検校の法要が執り行われた。こちらの施主はライバル・聖護院八ッ橋総本店(以下、聖護院)である。

70年近くも続く確執

この8日前の6月4日、井筒は聖護院が公表している創業年(1689年、元禄2年)や起源に偽りがあるとし、広告や商品説明への創業年などの記載の差し止めと、損害賠償を求める訴訟を京都地方裁判所に起こしている。


八橋検校の墓がある常光院(編集部撮影)

井筒側が提訴当日に記者会見を行ったため、提訴の事実は世間の知るところとなったわけだが、申し立て当日に聖護院側に訴状が届いているはずもなく、同社は「ただ驚くばかりで、今後対応を検討したい」とのみコメントした。

だが、このコメントとは裏腹に、両社の間には70年近く続く“確執”がある。

京都名菓八ッ橋の起源には2つの説がある。1つは八橋検校の箏に似せたせんべい状の焼き菓子を、八橋検校の墓に詣でる検校の弟子たちに販売したというもの(「楽器説」)。もう1つが、『伊勢物語』第9段かきつばたの舞台である三河の国の八橋にかけて、8枚の橋板を模したせんべい状の焼き菓子が八ッ橋の元祖だという説だ(「三河の橋説」)。

現在、京都の八ッ橋業者の団体「京都八ッ橋商工業協同組合」(以下、商工協)には14社が加盟しているが、このうち「楽器説」に立っているのは井筒、聖護院を含め全部で6社。一方、本家八ッ橋西尾(以下、西尾社)らが「三河の橋説」を唱えている。

楽器説に立ち、聖護院を除く5社で構成しているのが「京名菓八ッ橋工業協同組合」(以下、工業協)だ。


工業協は2017年5月、「証拠は何もないのに創業を元禄2年(1689年)とし、八ッ橋を最初に創作し、販売し始めたのが聖護院であるかのような、顧客を誤認させるような表示をしている」として、当該表示をやめるよう民事調停の申し立てをしている。

これに対し聖護院側は、証拠を提示して反論したのではなく、申し立ての内容が法が定める民事調停の対象に該当しない、という理由で調停打ち切りを主張。調停は不成立に終わった。

そして今回、井筒は単独での提訴に踏み切った。訴えた当主は94歳の6代目・津田佐兵衛氏。かねてから聖護院の行動を問題視していたそうで、「自分の目の黒いうちに何とか決着をつけておきたいという思いからの提訴」(井筒の訴訟代理人、折田泰宏弁護士)だという。

「祭」VS.「忌」、検校法要をめぐるバトル

毎年6月12日に実施される八橋検校をしのぶ法要についても、両社は共に第1回は1949年(昭和24年)に常光院で、自らが主体となって開催したと主張している。

井筒は「後年は弊社単独で実施するようになったが、第1回は組合(14業者が加盟する商工協)主催で実施しており、聖護院はそこに参加していたにすぎない」と、聖護院の主張を否定。

さらに、「ウチは検校起源(楽器説)ではないので関係ないと言って、翌年からは参加しなくなったのに、その後検校起源だと言い出して、法然院で法要をやるようになった」という。つまり、1949〜1950年(昭和24〜25年)ごろに、聖護院が八ッ橋の起源を「三河の橋」説から「楽器説」に変えたというのが井筒の主張なのだ。

今回の訴訟の争点となりかねない部分だけに、聖護院の反論をぜひ聞きたいところだが、提訴から1カ月以上が経過していながらいまだに訴状が手元に届いていないという。このため、「1回目は常光院、2回目は聖護院門跡、3回目以降は法然院で実施してきたということ以外は、現時点では残念ながらコメントできない」という。

両社は法要の呼び名も違う。井筒は「八ッ橋祭」で、聖護院は「八ッ橋忌」。

聖護院は法要は法然院で実施しているが、午前10時からの井筒主催の法要が始まる前の当日早朝に、社員総出で常光院へ八橋検校の墓参に行っており、鉢合わせを辛うじて回避している。そんなことが70年近く続いているらしい。

井筒が自らの主張の補強に使っているのが、1969年(昭和44年)10月にほかならぬ聖護院自身が発行、同業他社に配ったとされる『弊社の生い立ちについて同業各位に訴える』(以下、『聖護院文書』)と題した冊子。この中で、創業時期は不明とされている点に着目している。

この冊子は1969年に、京都府が創業100年以上の老舗事業者を表彰した際、聖護院ではなく、西尾社を最古の八ッ橋業者として表彰したことへの不満を同業他社に訴えたもの。


聖護院八ツ橋の本店(編集部撮影)

聖護院は、「玄鶴軒」の屋号で八ッ橋の製造販売事業を営んでいた西尾為治氏によって、1926年(大正15年)4月に屋号、登録商標、営業権、売掛債権、製造設備、営業用の不動産など事業にかかわる一切を現物出資して設立され、発行済み株式総数の94.5%を為治氏が握った。

だが、「企業手腕は、遺憾ながら拙劣そのものにて」(『聖護院文書』)、会社設立から数カ月で減資を余儀なくされるなど経営危機に陥り、西尾為治氏個人として1930年(昭和5年)に破産が確定。当時の商法の規定に従って聖護院の取締役としての地位を失った。

代わって経営権を握ったのが、同社の専務だった鈴鹿太郎氏。現聖護院代表・鈴鹿且久氏の祖父である。

この『聖護院文書』に記載はないが、西尾為治氏が所有していた聖護院の株式は破産財団に組み込まれ、鈴鹿太郎氏が取得したのだろう。

一方、西尾為治氏が事業にかかるすべてを会社に現物出資していたことからすると、西尾家は為治氏の個人破産によってすべてを失ったはずだ。為治氏の長男・為一氏も会社に残留できなかったため、西尾家に同情する同業他社もあった。井筒の当時の5代目当主・津田佐兵衛氏もその1人だったらしい。

本家西尾八ッ橋、創業の経緯

その後、1947年(昭和22年)に西尾為治氏の長男・為一氏が個人で八ッ橋の製造販売を開始、5年後に本家八ッ橋聖護院西尾(=西尾社)の社名で法人化。だが、「創業二百六十余年」「本家八ッ橋」といった文言を使用したため、聖護院は西尾社を提訴した。

この訴訟は聖護院側の完勝に等しい形で1959年(昭和34年)9月に和解が成立。西尾社は商標に「本家聖護院」「聖護院」「創業二百何十年」などの文字を使用しないことを誓約。社名からも「聖護院」を削除し、現在の本家八ッ橋西尾に変更している。

それなのに京都府から創業100年以上の老舗事業者として、表彰されたのは西尾社だった。表彰されるべきは西尾為治氏の事業の継承者であるわが社だ、というのが聖護院および鈴鹿家の主張で、それを同業他社に訴えたのが『聖護院文書』だった。

井筒は今回の訴訟の中で、西尾家は八ッ橋の起源について「三河の橋説」に立っているのに、同じ西尾為治氏の祖先をルーツとする聖護院が「楽器説」に立っているのは、矛盾しているではないかとも言っている。

実は聖護院、西尾社以外にも、「本家八ッ橋」が1689年(元禄2年)創業を標榜している。だが、井筒は聖護院以外の2社を提訴する意思はまったくない。西尾社は為治氏の長男が、本家八ッ橋は三男が設立している。どちらも「三河の橋説」を起源としていることに加え、今に至る八ッ橋の興隆を築いた西尾為治氏への同情とも無関係とは言えないだろう。

元宇治市歴史資料館館長で京都の郷土史に詳しい辻ミチ子氏の著書『京の和菓子』(2005年)によれば、八ッ橋はもともと地味な農村菓子だったが、1877年(明治10年)に京都に鉄道が通り、西尾松太郎氏が京都駅で販売するようになって以降、土産物としての地位を得たらしい。


聖護院本店の向かいには西尾の本店がある(編集部撮影)

その松太郎氏の子息が1879年(明治12年)生まれの西尾為治氏。為治氏はマーケティングに先見の明があったようで、1900年開催の仏パリ万博に八ッ橋を出品して銀賞を受賞している。

1915年(大正4年)に京都で大正天皇の即位式が行われた際には、移転改装された京都駅で八ッ橋を販売。爆発的に売れたらしい。為治氏は京都の八ッ橋業界全体の中興の祖と言っていい存在だったのだろう。

井筒が為治氏ゆかりの業者を問題視しない理由はそこにもあるのかもしれない。

最重要の争点は八ッ橋の発売時期

今回、井筒は聖護院の表示が不正競争防止法の品質等誤認行為に該当する、として訴えている。ただ、井筒は八橋検校の法要が始まった70年近く前から聖護院が「楽器説」を唱えていることを知っていたはずで、法的には長期間黙認してきたことになる。

井筒側の「聖護院側の創業年や起源に関する露出が近年飛躍的に高まり、看過できなくなった」とする主張がどこまで認められるのかにもよるが、不正競争防止法に詳しい上山浩弁護士は「今になっての権利行使は、権利の濫用とされる可能性がある」と見る。

さらに、「元禄という江戸時代の年号は、大正や昭和に比べて消費者に由緒正しい歴史を有する商品という印象を与え、商品選定に影響を与える。一方、起源については、今後の原告の立証次第ではあるが、『楽器説』か『三河の橋説』かが一般消費者の商品選択に影響を及ぼすとは考えにくい。このため、西尾為治氏の祖先が元禄2年(1689年)に八ッ橋を売り出したということが事実に反するのであれば、違法と判断される可能性があるが、それが事実で、法人に連続性が認められるなら問題にならないのではないか」(上山弁護士)。

つまり、最も重要な争点は、「楽器説」なのか「三河の橋説」なのか、ではなく、仝杵2年(1689年)に八ッ橋が売り出された事実があること、売り出した人物が西尾為治氏の祖先であること、の両方を立証できるかどうかにある。

西尾為治氏の事業と現在の聖護院の事業の連続性の立証以前に、為治氏の正統性を立証できなければ、違法になる可能性がある。

現存する八ッ橋に関する文献は、発行時期が戦後に集中しており、しかも八ッ橋の起源に関する記載は、井筒、もしくは聖護院からの聞き書きに頼っている。

戦前の文献は、京都府内務部が1926年(大正15年)に発行した京都の名物紹介本『京の華』くらいしかない。

もっともその『京の華』も、為治氏本人からの聞き書きの可能性が高く、記載内容も「為治氏の祖先が元禄2年(1968年)に三河の僧侶から八ッ橋の製法を授かり、聖護院の森で売り始めた」というものにとどまり、その祖先の実名の記載もない。

一方、前出の辻ミチ子氏の著書は2005年の発行だが、井筒、もしくは聖護院からの聞き書きではなく、「京都に生まれ育った、自分が知っていることを記載した」(辻氏)もので、為治氏の父・松太郎氏に関する記載がある。

いわく、幕末の時代に、聖護院村の庄屋西村家の分家に生まれた松太郎氏が、「えびすや」という菓子屋を開業。後に京都府の役人である西尾為忠氏と親しくなり、西尾姓を名乗るようになったという。だが、「えびすや」が、為治氏が「玄鶴軒」の屋号で経営していた店とイコールなのかどうかは定かではない。


八ッ橋で著名な井筒だが、ホテルや食品販売など、多角化も進めている(編集部撮影)

辻氏は為治氏の子供たちのことも記しており、長男為一氏が西尾社を、次男為忠氏は「八ッ橋西尾為忠商店」(為忠社)、三男の源太郎氏は西村姓で、本家八ッ橋(以下、西村社)を構えたとしている。

それでは為治氏の子供たちの店はいま、それぞれ自らの起源をどう説明しているのか。各社のHPによれば、西尾社は元禄2年(1689年)創業で創業の地は熊野神社境内の茶店、創業者は「為治の祖先」。実名の記載はない。

為治氏のルーツ次第では業界に激震

西村社は創業年も創業地も西尾社と同一だが、創業者については実名記載があり、その名は「西村彦左衛門」だという。為忠社はHPがなく起源に関する主張は確認できなかった。

為治氏の正統性に関する資料を、現在の聖護院は、そして西尾家、西村家はどの程度持っているのか。そして西尾家、西村家の間でルーツに関する主張の対立はないのか。

疑問は尽きないが、残念ながら、西尾家も西村家も筆者の取材に対し沈黙を守っている。

井筒が訴訟対象にしたのはあくまで聖護院であって、西尾社や西村社を標的にする意思はないのだろう。だが、西尾為治氏のルーツの正統性が焦点となれば、西尾社、西村社までもが、起源についての信憑性が問われることになりかねない。

井筒はパンドラの箱を開けたのかもしれない。