「川崎大師風鈴市」国内外900種3万個の風鈴が集結、川崎大師オリジナル“厄除だるま風鈴”も

写真拡大

「第23回 川崎大師風鈴市」が、2018年7月18日(水)から22日(日)まで、神奈川・川崎大師で開催される。

国内外から900種類3万個の風鈴が集結

2018年で開催23回目を迎える「川崎大師風鈴市」。開催当初は8都道府県の風鈴から始まったこのイベントも、今では国内外から900種類3万個の風鈴が集結し、5日間で30万人の来場者を数える日本最大級の風鈴市となっている。

今回は新たに千葉県の「南総風鈴」、新潟県の「地蔵堂風鈴」、長崎県の「長崎瑠璃ガラス風鈴」が参加。金属、陶磁器、ガラス、石など、様々な素材で出来た風鈴の数々が、会場となる境内一帯に涼しげな音色を奏でる。

川崎大師オリジナル「厄除だるま風鈴」に新色

毎年好評の川崎大師オリジナル「厄除だるま風鈴」には、新色が登場。定番の赤・白・透明・紫・緑・黄・桃・水・オレンジ・金・プラチナに新色の青を加えた全12色展開となる。古くから「厄除けのお大師さま」として知られる川崎大師で祈祷されたオリジナル風鈴は数量限定。目当ての色があるならば、早めの来場をオススメしたい。

なお、7月20日(金)・21日(土)には、江戸風鈴で知られる「篠原まるよし風鈴」の風鈴職人による無料の名入れサービスが、透明の「厄除だるま風鈴」先着300個を対象に実施される。

開催概要

「第23回 川崎大師風鈴市」
開催期間:2018年7月18日(水)〜7月22日(日)
時間:10:00〜18:00 ※20日(金)のみ20:00まで
場所:川崎大師平間寺境内特設会場(大山門横静嘉堂石庭前広場)
<イベント>
■風鈴市開会式法楽
日時:7月18日(水) 9:50〜
■風鈴市踊り練り込み
日時:7月20日(金) 17:30〜18:30 ※雨天中止
■川崎大師オリジナル『厄除だるま風鈴(透明)』名入れサービス
開催日:7月20日(金)・21日(土) ※各日、先着300個限り


[写真付きで読む]「川崎大師風鈴市」国内外900種3万個の風鈴が集結、川崎大師オリジナル“厄除だるま風鈴”も

外部サイト

  • 「アートアクアリウム2018」東京・名古屋で、8千匹の金魚が舞う水中アート - 新作"天井"金魚も
  • 「川越氷川神社 縁むすび風鈴」色鮮やかな江戸風鈴&小川ライトアップ、線香花火や光るぼんぼりも
  • 日本最大級の江戸切子のイベント、東急プラザ銀座で - 一点物など200点以上の作品集結