【12星座のトリセツ】あなたと相性ベストの星座はコレ!恋愛編

写真拡大 (全4枚)

 自分と相性のいい星座もあれば相性の悪い星座もある。それがわかるのが、星座同士が作る角度(アスペクト)だ。自分と相性がいい星座をぜひ知りたい! というわけで、恋愛面で相性がいいランキングベスト3を発表しよう。

■あなたとの恋愛相性ベスト3の星座

★第1位 オポジション(180度)の星座


オポジションとは、真向かい同士の星座が作る角度のこと

 星座同士が作る角度は、目線をイメージするとわかりやすい。射手座と双子座、魚座と乙女座というように自分と正反対に位置している星座同士は、お互いの目線がバチンと正面から合っているような状態。目をそらさずに見つめ合えば緊張もするけれど、一生添い遂げる強い結びつきへ発展する可能性も高い。ただし正反対の性質も持っているため最初は反発することも。第一印象は最悪でいながら結婚したカップルは、オポジションの組み合わせかもしれない。

★第2位 インコンジャンクト(150度)の星座


真向かいの星座の両隣が、インコンジャンクトの星座

 インコンジャンクトとは、自分と真反対の星座の両隣。射手座にとっては牡牛座と蟹座、天秤座にとっては魚座と牡牛座がそれに当たる。この星座同士はまったく共通点がない組み合わせ。お互いまるで宇宙人のように感じるだろう。自分にないものを相手が持っているからこそ、気になって仕方ないという関係性になりやすい。相手をリスペクトし、「熱しやすい私をクールな彼が止めてくれる」というように上手に役割分担できると、長続きする。「すごい好きっていうわけじゃないんだけど、なぜか気になる存在」のため、体の関係から恋が始まるケースも多い。

★第3位 スクエア(90度)の星座


自分と3つ離れた星座が、スクエアの関係

 蟹座にとっては牡羊座と天秤座というように、自分から3つ離れた星座がスクエアに当たる。スクエアの星座同士は、まったく違う価値観を持っているにもかかわらず行動パターンが同じという特徴がある。「よく目につくけれど、自分とは全然違う意見を言ってくる」と、目障りに感じやすくライバル関係になることが多い。ただし男女の関係だとそのバチバチ感が起爆剤となり、恋愛に発展することも。

 2人の異性から同時にアプローチされて迷ったり、2人の人を好きになってしまったりした時に、星座の相性を参考にするのも1つの手。いい恋愛のためのパートナー選びに役立ててほしい。
(ニコ)

>>占いTVを見る

※画像出典/shutterstock