いまさら聞けない!?糖質オフダイエットの「ホントの話」

写真拡大

今、ダイエットといえば糖質オフ!「主食を完全に抜いたら痩せた!」「スイーツ断ちをしたら体が軽くなった」といった成功談があちこちから聞こえてきます。 しかし!その一方で、我慢しすぎてフラフラになって挫折をする人、「主食を抜くのは絶対に無理」と、トライできずにいる人も多いみたい…。

でも、糖質オフダイエットは、正しく実践すれば間違いなく痩せます!(キッパリ)

闇雲に糖質をカットするのではなく、糖質オフで痩せる仕組みを理解した上で、肩の力を抜いて実践してみましょう。実はそれこそが、挫折せずに続く→続くから痩せる!糖質オフダイエットの正しい道なのです。

なぜ、糖質で太るの?

私たちの体には、エネルギーや体の組織を作り出す「代謝」というシステムがいくつか備わっています。「糖質代謝」や「脂質代謝」など、聞いたことがありますよね? その中で、もっとも優先されるのが、体の司令塔である脳のエネルギー源となる糖質の代謝です。

糖質を必要以上に摂っていると、体の中は糖質代謝でてんてこ舞い!せっせと糖質を代謝し、エネルギーにしていきますが、糖質が消費されずに余った場合、脳は自分のエネルギー源である糖質を簡単に捨てることができません。「余った糖質はもったいないから、脂肪にして蓄えておこう」となるわけです。さらに、一緒に摂った脂質も「今は必要ないから蓄えておこう」という司令が下され、余った糖質と脂質が、まんまと体脂肪に!

そして、糖質太りのもうひとつの原因が、血糖値の急上昇によるものです。たとえば、糖質を摂り過ぎていなくても、空腹時にバームクーヘンを一気食い、シロップたっぷりのフラペチーノを完食、チョコパンをガブリ…これだけで簡単に血糖値は急上昇! 血糖値が急上昇すれば、猗酲ホルモン瓩噺討个譴襯ぅ鵐好螢鵑大放出!血液中の糖質をせっせと運び、余った糖質をせっせと脂肪に作り替えられます。これがいわゆる「糖質太り」です。

糖質オフで痩せる仕組み

糖質オフで痩せる仕組みは、とても簡単!先に説明した太る理由を断てばいいんです。

摂りすぎていた糖質を減らし、血糖値を急上昇させる食べ方をやめればいいだけ。これだけで、糖質に偏っていた代謝のサイクルがバランスよく矯正されます。糖質が余って脂肪になることもなくなり、後回しにされていた脂質もちゃんと代謝されるようになります。もちろん“肥満ホルモン”であるインスリンの過剰分泌も防げるので、将来の糖尿病予防にもつながります。

痩せるだけではなく、健康で若々しくいられるなんて、いいことづくめです!

もう失敗しない! 糖質オフダイエットの3ルール

1 主食の量を半分に減らす

ストイックに糖質オフをすると、体脂肪が落ちるだけではなく筋肉も痩せてしまいがち。こうなると脳が命の危険を感じて栄養蓄積モードに。ひどくなると、減量とリバウンドを繰り返す「ウエイトサイクリング」という状態に陥り、低栄養性脂肪肝を引き起こす可能性も…。これでは健康的に美しく痩せることはできません。糖質オフの目安は「主食半分」。ごはんなら茶碗に半分、食パンは8枚切1枚がを目安に。

2 食べるときは野菜から!

忙しいときは、腹ペコになって慌てておにぎりだけ、パンだけをドカ食いしてしまいがち。空腹時こそ、血糖値が急上昇しないように工夫をすることが必要です。そこで活躍するのが野菜! 野菜の食物繊維が腸内で糖の吸収を穏やかにし、血糖値の急上昇を防いでくれます。「食事の最初にサラダやお浸し、野菜入りのスープを食べる」これを習慣にするだけで、主食のドカ食いを防ぐこともできます。

3 「果糖ブドウ糖液糖」入り飲料は控える

糖質を半分にしても、飲み物に糖質がたっぷり入っていては台無し!特に、清涼飲料水でよく見かける「果糖ブドウ糖液糖」には要注意です。「果糖ブドウ糖液糖」は、肥満や糖尿病などの原因になるとしてアメリカでは使用禁止運動が広まっている甘味料。濃縮されているため、ペットボトル1本の清涼飲料水で大量の糖質を摂取してしまうケースもあります。甘い炭酸飲料だけでなくガムシロップもNGです!

糖質オフは続けてこそ効果が出るもの。厳しい糖質オフでストレスを感じるようでは、続かないどころか、ストレス太りの原因になります(ストレスホルモンは肥満の原因です!)。10日に1回は好きな物を食べるなどして、上手に自分をコントロールし、続けるための工夫をしましょう。

ライター:藤岡操

栄養士、編集者、フードコーディネーター。雑誌、書籍、広告で、ダイエット、健康関係の企画、レシピ開発をするの他、暮らしにまつわる企画を担当。さいたま市浦和在住