付き合っていれば、一緒にいたいと思うのは当然。そしてときに、「会いたくて仕方ない」という衝動に駆られることもあります。そう思う回数が多いほど、愛し愛されていると言えるのかもしれません。そこで男性たちに、“猛烈に彼女に会いたくなる瞬間”について聞いたのでご紹介しましょう。

文・塚田牧夫

落ち込んだとき

「転職したばかりのころ。自分のあまりのできの悪さに辟易し、落ち込むことがよくありました。そういうとき、よく彼女の家に行ってましたね。

彼女の言葉に慰められ、勇気づけられ、なんとか乗り越えることができました。ずっと大事な存在です」ヒロシ(仮名)/30歳

落ち込んでいるときや弱っているときは、誰かに支えて欲しいと思うもの。病気のときなんかもそう。心細くなり、誰かに傍にいて欲しくなります。

寒さを感じたとき

「僕の恋愛の傾向として、冬に誰かと付き合うことが多いです。寒いから一緒にいたいと思うんでしょうね。

逆に、夏は別れることが多いかも。外に出かけることが多いから、彼女に縛られたくなくなっちゃうんですよね」マサキ(仮名)/27歳

寒いと人肌恋しくなります。自然と出かける機会も少なくなるので、部屋で一緒に過ごせる相手が欲しくなるんでしょう。

喜びそうなものを見付けたとき

「仕事で外回りをしているとき、偶然テレビで見たお店の前を通りました。人気のスイーツ店らしく、テレビを一緒に見ていた彼女も羨ましそうにしていました。

それを思い出したら、すごく買って行ってあげたくなりました。ただ、仕事中なので我慢したけど……」マナブ(仮名)/31歳

好きな人に対しては、喜ばせたいと思うし、喜びを分かち合いたくもなります。なにより、喜んだときの笑顔が見たい。それが報酬のように感じられ、さらに喜ばせたいという意欲が湧いてきます。

お酒を飲んだとき

「みんなでお酒を飲んだ帰りなんかに、彼女に会いたくなりますよね。といっても、今は彼女がいないので、いろんな人に連絡して絡んでしまいます。

寂しいからですかねぇ。みんなにはよく迷惑がられています」サトシ(仮名)/30歳

お酒はひとりで飲むよりも、何人かで飲むほうが楽しい。彼女がいれば気軽に付き合ってもらえるんでしょうけどね。いない場合は、寂しさを紛らわすために誰かに絡んでしまうんでしょう。

“男が猛烈に彼女に会いたくなる瞬間”をご紹介しました。

彼に、会いたい……と思われるなんて幸せなことです。慣れてくるとそういう気持ちも薄れてきます。面倒くさいと思うこともあるかもしれませんが、邪険に扱わないであげてください。

(C) fokusgood / Shutterstock(C) 4 PM production / Shutterstock(C) Oscar Carrascosa Martinez / Shutterstock(C) Syda Productions / Shutterstock