世界最大規模のテディベア美術館「蓼科テディベア美術館」約11,000体の展示&世界最小ベアも長野に

写真拡大

「蓼科(たてしな)テディベア美術館」は、信州・白樺湖畔に位置する世界最大規模のテディベア美術館。敷地面積3,000平方メートルを持つ広大な美術館には、約11,000体のテディベアを15の国と18のテーマにわけて展示。各国の風景を背景にした館内には、まるで絵本の中に迷い込んだかのような、癒し空間が広がっている。

2018年7月現在では、ギネス認定されている世界最小0.8mmの貴重なテディベアを展示。

さらに近年のリニューアルによって、キリンや象など等身大サイズのぬいぐるみに触って撮影ができるフォトコーナー「蓼科の森動物園〜テディベアとその仲間たち〜」や、ガラスショーケースを100台ほど追加した2階ホールが新設されるなど、ますますパワーアップしたテディベアワールドが広がっている。

また「蓼科テディベア美術館」では、季節ごとに楽しめるイベントを用意。2018年7月11日(水)から8月31日(金)までは、厳選作品を集めた企画展「夏の特選展2018」を開催。26名の作家による個性豊かな作品が展示されるほか、販売作品なども多く取り揃えている。

さらに同期間では、2,000種類以上のテディベアグッズを販売する「テディベアプラザ」にて、サマーセールを実施。愛らしいぬいぐるみや雑貨をたっぷりと詰め込んだ「夏のお楽しみ袋」も発売される。

【施設概要】
施設名:白樺湖畔 蓼科テディベア美術館
所在地:長野県北佐久郡立科町芦田八ヶ野1522
営業時間:4月〜10月 9:00〜18:00(入館最終受付17:30)、11月〜3月 9:30〜17:00(入館最終受付16:30)
休館日:11月〜3月の火曜日 ※12月初旬(今期は12月3日〜12月7日/予定)にメンテナンス休館あり
TEL:0267-55-7755
チケット料金:大人(高校生以上)1,400円、子ども(小・中学生)800円、幼児(3才以上)300円、3才未満 入館無料
※障害者手帳持参の場合、本人と付き添い1名の入館料が半額

■「夏の特選展2018」
会期:2018年7月11日(水)〜8月31日(金)
■テディベアプラザ「サマーセール」
会期:2018年7月11日(水)〜8月31日(金)


[写真付きで読む]世界最大規模のテディベア美術館「蓼科テディベア美術館」約11,000体の展示&世界最小ベアも長野に

外部サイト

  • 「生誕60周年記念 くまのパディントン展」が東京・広島に、絵本の原画や各国ぬいぐるみ展示
  • スヌーピーミュージアム最後の展覧会「ともだちは、みんな、ここにいる。」最古のピーナッツ原画が再び
  • ゴールデンウィーク2018おでかけ特集【西日本編】大阪・名古屋・福岡・広島など