夏のデート・レジャースポットといえば海やプール。この夏、海・プールに遊びに行く計画をしている人も多いのではないでしょうか。その前に、海・プールで男子がドン引きするシチュエーションをチェックしておきましょう。

今回は、男子に聞いた海・プールでがっかりしたエピソードをご紹介します。意中の男子と一緒に行くレジャースポットでドン引きされないよう、注意してくださいね!

■プールに来たのに!



出典:shutterstock.com

「いいなと思っている女子を誘って、グループでプールに行ったときのこと。いくら待ってもその子が脱がない!水に入るときくらい水着になってくれるだろうと思っていたけど、結局足先を水面につけてバシャバシャするくらいで、泳ぎもしませんでした…。あのときはがっかりしましたね」(24歳/SE)

せっかく計画して訪れたプール。恥ずかしい気持ちはわかりますが、水着姿が見れないとなると、がっかりする男子も多いようです。

■泳ぎ上手すぎ!



出典:shutterstock.com

「学生の頃、サークルのみんなでプールに。流れるプールを浮かびながらゆっくり泳いで楽しもうと思っていたら、女子が1人競泳用プールに直行!本気のクロールを披露し、ガンガン泳いでいる姿にはドン引きしました」(26歳/営業職)

海でも同じことが言えるこのシチュエーション。確かに泳ぎに行くところですが、その前に遊びにきているのです。泳ぐことに本気になると“空気読めない”人認定されてしまうかもしれません。

■他の男子に目移り



出典:shutterstock.com

「男子女子それぞれ2人グループで海に行ったときに、女子たちがとにかくリゾバ男子に夢中。楽しく話をしているその様は、まるで逆ナンのように見えました。俺たちは足と財布だったのかな…」(23歳/研究職)

リゾバ男子とは、夏の海岸で働くリゾートバイト男子のこと。せっかく一緒にいるのに他の人に目移りするのは、男子的におもしろくないはずです。

■言いにくいムダ毛事情



出典:shutterstock.com

「好きな子を誘って海に。見てしまった俺も悪いんだけど、アンダーヘアが水着からはみ出ていた…。“出てるよ”なんて言えないし、でも気になるし。なんだか落ち込みました」(28歳/メーカー勤務)

これは海・プールシーンでよく起こる男子ドン引きシチュエーション。水着になるときは、ムダ毛の処理は徹底的に行いましょう!

■SNS映え狙いすぎ!



出典:shutterstock.com

「海ってフォトジェニックスポットなのはわかるんです。でも、何度もジャンプ撮影に付き合わされたり、額縁やドリンクなんかの小物を使って写メ撮ったり…。SNS映えに必死になる姿には、ドン引きしました」(24歳/製造業)

海辺写真はSNS映えを狙うチャンス。でも、夢中になるとドン引きされてしまうのでほどほどにしましょう。


出典:shutterstock.com

男子がドン引きする5つのエピソード、いかがでしたか? 自分もやってしまいそう! と思った人は、今一度行動パターンを見直して夏のレジャーを楽しみましょう。