実は、デートは“一軒目”だけで終わりではなく、“二軒目”がとても肝心です。

デートの二軒目は、ふたりの距離を一気に縮められるチャンス。


出典:https://www.shutterstock.com

そこで今回は、“デートは二軒目が肝心”と言われる理由をご紹介します。

 

■「まだ帰りたくないアピール」ができる

「二軒目に誘ったときに、嫌な顔ひとつせず嬉しそうについて来てくれると、俺に気があるのかなって思っちゃう。もっと一緒にいたいってことですもんね。」(26歳/男性/マスコミ)

女性が二軒目に応じてくれるという時点で、男性としては、「まだ帰りたくない」「もう少し一緒にいたい」と思われていると感じ、嬉しくなるようです。ここで大切なのは、“断りきれずに仕方なく二軒目に行く”のではなく、“喜んで二軒目に行く”という姿勢を男性に見せること。喜んでついてきてくれることに自分への好意を感じて、あなたへの想いもより強くなるでしょう。

 

■一気に「親密度」が増す

「一軒目を出たあとに“もう一軒行きましょうよ”ってなると、単純に嬉しいです。打ち解けられた感じがして、一気に仲良くなれたりもしますしね。」(30歳/男性/広告)

一軒目のお店を終えて、「もう一軒行こう」となるのは、ふたりのデートが盛り上がっている証拠。一軒目が楽しかったからこそ、「まだデートを終わりにしたくない」という気持ちになるのでしょう。気持ちが盛り上がったまま二軒目に行くことで、より親密な関係になれるかもしれません。

 

■「いいムード」になりやすい

「二軒目は、ちょっといい雰囲気になりやすいですよね。男と女という関係になれるかどうかの、大きなカギを握っているような気がします。」(33歳/男性/IT)

楽しく食事をする一軒目とは違い、二軒目はゆっくり飲んだり話したりしたいからと、比較落ち着いた雰囲気のお店に行くことが多いようです。二軒目では、お店の雰囲気やお酒が入ってほろ酔い気分になることから、自然と“いいムード”になりやすいはず。まるで恋人同士かのような、ロマンチックな時間を過ごせるかもしれません。

 

ふたりの関係性を一歩深めるためにも、“二軒目”はとても重要なポイントになってきます。あなたにその気があるのなら、二軒目へのお誘いには笑顔で応じてあげるといいでしょう。

【画像】

※ 4 PM production/ shutterstock

【関連記事】

「結婚しよ!」“体だけの関係の彼”につい送ってしまったセンチメンタルLINE

ワンナイトラブならいいけど…「付き合うのはNG」な女子の特徴

アラサー男がぶっちゃけ。「彼女にこれで落ちました!」LINEエピソード

男が発している!さりげない「好き」のサイン

アラサー女がハマった「年下ヒモ彼氏」からのLINE