『週刊ヤングジャンプ』31号に登場する宇垣美里 (C)細居幸次郎/集英社

写真拡大

 TBSの宇垣美里アナウンサー(27)が、5日発売の『週刊ヤングジャンプ』31号(集英社)の表紙に登場。アイドル顔負けのルックスと飾らないキャラクターで話題の美人アナが、テレビとは一味違う表情を見せた。

【別カット】寝そべり…カメラを見つめる宇垣美里アナ

 2014年にTBSに入社した宇垣アナは、『ひるおび!』などの情報番組やバラエティー番組に出演。またTBSラジオ『アフター6ジャンクション』(月〜金 後6:00)では、さまざまなジャンルのカルチャーに精通している一面を披露し、人気を集めている。

 そんな旬の美女アナが、グラビアの名門誌『ヤンジャン』初登場にしてカバーを制覇。今年上半期のNo.1ヒットとなった欅坂46・長濱ねるの写真集『ここから』を手がけたフォトグラファーの細居幸次郎氏が、穏やかな初夏の休日を過ごすナチュラルな宇垣アナの表情を見事に撮り下ろした。

 また、巻末グラビアには前号で発表された「制コレ18(イチハチ)」の15人の制服美少女たちのうち7名が、清純白水着で登場。太田リズ、貝賀琴莉、杉本愛莉鈴、新谷真由、星川遥香、宮城叶好、山田南実がフレッシュな魅力を見せている。次号では残り8人が水着で登場。

 同号の巻頭カラー漫画は、『嘘喰い』の迫稔雄氏の新連載『バトゥーキ』。また、映画化もされた大ヒット作『東京喰種 トーキョーグール:re』(石田スイ)の最終回も掲載される。