画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●有機ELテレビをラインアップに追加

ヤマダ電機と船井電機(FUNAI)は7月4日、ヤマダ電機グループで独占販売しているFUNAIブランドのテレビとブルーレイディスクレコーターのラインアップを一新した。目玉となるのは、録画機能を標準で備える4K有機ELテレビ「7010」シリーズだ。都内での発表会の様子をレポートする。

今回のリリースで、FUNAIテレビのラインアップは6シリーズ14機種、ブルーレイディスクレコーダーは3シリーズ6機種となる。いずれも発売日は7月14日で、ヤマダ電機グループ全店舗で販売する。

このうち、有機ELテレビの7010シリーズは、最上位の65V型「FE-65U7010」と55V型「FE-55U7010」の2機種を用意。価格はオープンだが、市場想定価格はFE-65U7010が税別399,800円、FE-55U7010は税別259,800円。ヤマダ電機の独占販売のため価格競争はなく、この価格がほぼそのまま初出の店頭売価になると見てよいだろう。

7010シリーズは、スタンドが正面から見えない構造で、下部のスピーカーによって画面がわずかに浮いたデザインとなり、超狭額縁と相まって映像だけがそこにあるような没入感を演出。また、上部が奥に少し傾くことで、視聴中の圧迫感を避けている。

有機ELパネルの解像度は3,840×2,160ドットで、独自開発の映像処理エンジン「クリアピクスエンジン 4K HDR OLED」を搭載する。ピーク輝度を高めた最新世代のパネルを使っており、漆黒からきらびやかな極彩色まで、有機ELならではのダイナミックレンジとハイコントラストで4K HDR映像を映し出す。

また、Ultra HDブルーレイの標準規格である「HDR10」や、4K8K衛星放送のHDR規格「HLG」に対応。Dolby Visionにも対応する。

フロントスピーカーは、フルレンジ×2、ウーファー×2、パッシブラジエーター×4という構成。実用最大出力は15W+15W+10W+10Wのマルチアンプ駆動で、2.2chの迫力ある立体的なサウンドが楽しめる。正面から見たときに、スピーカーの中央が青く光るギミックも採用する。

インタフェースはHDMI入力×4、ビデオ入力×1、ヘッドホン出力×1、光デジタル音声出力×1、USB×2(HDD録画用とUSBメモリー用)、有線LAN×1。いずれも、スタンドの背面部に配置している。このほか、IEEE802.11acに対応した無線LANも内蔵する。

●有機ELでもテレビ内録画できる点を訴求

7010シリーズに限らず、FUNAIがラインアップ全体において他社競合製品との差別化点として注力しているのが、多彩な録画・再生機能を標準搭載していることだ。

特に、最上位の7010シリーズでは、国内メーカーの有機ELテレビとしては初めてとなる1TBのハードディスクを内蔵。地上デジタル放送の番組を最大128時間録画できる。地上デジタルだけでなく、BSデジタル、110度CSデジタルの3チューナーを搭載しているので、視聴中の番組とは別に2つの番組を同時に録画できる。

番組のジャンルや出演者など、好みの項目を選んでおくと、該当する番組を自動的に検索して録画予約する「おまかせ録画」や、録画した番組を自動的に分類して見やすく表示する「おすすめ再生」、0.8倍速や1.3倍速、1.6倍速で再生できる「音声付き早見再生/ゆっくり再生」などの機能も搭載。スカパー!プレミアムサービスLinkにも対応しており、チューナーと接続するだけで、スカパー!プレミアムサービスの番組も録画できる。

リモコンには、4つのネットアプリにダイレクトにアクセスするボタンを用意し、4K動画サービスを迷わず利用できる。

○「安い」が魅力のヤマダ電機がフラグシップにも妥協しない理由

ヤマダ電機では、昨年のFUNAIテレビの取り扱い開始以来、全店舗にFUNAI製品を熟知した「フナイマイスター」を配置。来店客一人ひとりとの会話を積み重ね、販売活動を続けてきた。その結果、テレビ市場におけるシェアは、当初目指していた5%を上回る約7%まで伸長。2020年までにシェア20%獲得という長期目標を実現すべく、2018年はシェア15%を目指すという。

同社では、2018年のテレビ市場全体の販売数量を約500万台と予測している。シェア15%ということは、約75万台の販売を意味する。

ヤマダ電機の山田 昇 代表取締役会長 兼 取締役会議長は、昨年亡くなった船井電機の創業者、船井哲良氏と「100万台を目指そうよ」と語り合ったとエピソードを披露。「大風呂敷に見えるかもしれないが、商品を見てもらえば納得できるのではないか。価格競争力も追求して、業界ナンバー1の価格を提示したい」と述べた。

全国のフナイマイスターが顧客からすくい上げた現場の意見や要望も取り入れ、今回はハイスペックの4K有機EL、ハイグレードな4K HDR液晶、シンプルなハイビジョン液晶と、ラインアップの幅を広げたという。

山田会長は「この業界には“松竹梅”という考え方がある。安価な製品をたくさん用意しても、魅力的なフラグシップがラインアップにないと、安価な製品も思うようには売れない」と指摘。企業戦略としての価格訴求力と販売台数は重視しつつも、フラグシップモデルの品質にはこだわったことを示した。

●税別49,800円の50V型4K液晶テレビも用意

6シリーズ14機種の中で、7010シリーズ以外の気になった製品についても簡単に触れておこう。

4K HDR液晶テレビ「4110」シリーズは、65V型、55V型、49V型の3機種構成。65V型の「FL-65U4110」は税別219,800円の価格設定だ。7010シリーズと同様に、HDR10、HLG、Dolby Visionの3つのHDR映像方式に対応。1TBのハードディスクを内蔵し、豊富な録画・再生機能も搭載する。機能的には、7010シリーズとほぼ同等だ。

価格訴求力に優れた「3010」シリーズの50V型「FL-50U3010」は、4K対応ながら税別価格で5万円を切る49,800円の価格設定だ。ハードディスクは内蔵せず、ネット動画にも非対応だが、「従来と変わらない使い方ができて、きれいな大画面の安価なテレビが欲しい」というユーザーニーズに応えた製品だ。各社から続々と登場する格安4K液晶テレビに対抗する。

一方、40V型未満でもハードディスクを標準搭載して、裏番組録画も楽しみたいという声が根強くあるとのことから投入されたのが「2010」シリーズだ。500GBのハードディスクを内蔵する。32V型で税別39,800円を想定する。

○4K Ultra HD対応のブルーレイレコーダーも

ブルーレイディスクレコーダーでは、4K Ultra HDブルーレイに対応した最上位機種「UTシリーズ」が注目だ。3基のチューナーを搭載し、ハードディスク容量は2TBと1TBの2つの機種を用意する。このほか、4K Ultra HDブルーレイには対応しないHTシリーズとHWシリーズを、チューナー数とハードディスク容量の違いで用意している。

いずれも、「こだわりまるごと録画」や「おすすめ再生」、スマートフォンのアプリと連動してどこでも予約や視聴が可能な機能などを、全モデル共通で搭載する。