「博物館で野外シネマ」東京国立博物館で開催 - 細田守監督映画『サマーウォーズ』上映

写真拡大

東京国立博物館は、「博物館で野外シネマ」を2018年9月21日(金)、22日(土)に開催。細田守監督作、映画『サマーウォーズ』を上映する。

博物館で映画を野外上映

東京国立博物館の秋の恒例行事となりつつある野外シネマは、移動映画館キノ・イグルーと共催で行うもの。東京国立博物館に「まだ行ったことがない」「なかなか行く機会がない」という人に向け、映画を見ながら博物館の雰囲気を味わってもらいたいという思いからスタートした。当日は、本館前に設置されたスクリーンに投影された作品を、入館料のみで観ることができる。

上映作品は細田守『サマーウォーズ』

今回の上映作品は、7月20日に新作映画の公開を控える『未来のミライ』の監督・脚本・原作を務めた細田守による『サマーウォーズ』。同作は、彼にとって初の長編オリジナル作品だ。『サマーウォーズ』は、とあるきっかけで田舎の大家族と夏休みを過ごすことになった17歳の高校生・健二が仮想世界に端を発した世界崩壊の危機に立ち向かうストーリー。インターネットと田舎の大家族と言う全くかけ離れたモチーフをもとに、豪快なバトルと繊細な人間ドラマを描いている。

スタジオ地図コラボカフェなどフード&ドリンク

敷地内には屋台も出店しており、フードやドリンクの販売も行われる。例えば、池袋パルコにて9月24日(月・祝)まで開催されている、映画『未来のミライ』をモチーフにしたカフェ「未来のミライカフェ」が出張オープン。「あの夏の青空と入道雲ソーダ」や『サマーウォーズ』をモチーフにしたオリジナルドリンク「仮ケンジのパッション ソーダ キング・カズマ アクリルチャーム付」などが提供される。

『サマーウォーズ』オフィシャルグッズ&フォトスポット

スタジオ地図作品のオフィシャルグッズを取り揃える「スタジオ地図 SHOP」も出張オープン。『サマーウォーズ』のオフィシャルグッズを販売する。また、「スタジオ地図 SHOP」で税込2,000円以上購入した各日先着250名には、イベント限定のトートバッグをプレゼント。本館池前には、『サマーウォーズ』のキャラクターと一緒に写真が撮ることができるフォトスポットも設置され、『サマーウォーズ』ファン注目のコンテンツが目白押しとなっている。

レジャーシートセット券

会場には、1,000程度の席を用意しているほか、レジャーシートを芝生などに敷いて鑑賞することも可能。 オリジナルレジャーシートと入館料のセット券も、特別に販売される。セット券は通常チケットとは別に設置された販売所で販売されるため、スムーズに入館できる点も魅力だ。

なお、当日は22時までの特別夜間開館も実施しているため、映画鑑賞後は展示室をゆっくり観覧できるのも嬉しい。博物館のまた違った楽しみ方を味わえそうだ。

開催概要

「博物館で野外シネマ」
開催日時:2018年9月21日(金)、22日(土) 19:00〜(上映時間:120分程度)
会場:東京国立博物館(上野公園)本館前
※雨天時は中止(中止時は、当日朝 10:00 までにツイッター等で告知)
住所:東京都台東区上野公園13-9
料金:無料(ただし当日の入館料が必要)
上映作品:『サマーウォーズ』 (2009年 監督:細田守)

■トーハクオリジナルレジャーシート セット券
価格:一般 1,000円(入館料620円を含む) 大学生 800円(入館料410円を含む)
※セット券の販売は15:00〜
※レジャーシートは、会場内で500円で販売。
※キャンパスメンバーズ加入校の学生は会場内販売所にて購入できる。


[写真付きで読む]「博物館で野外シネマ」東京国立博物館で開催 - 細田守監督映画『サマーウォーズ』上映

外部サイト

  • 角川シネマ新宿がアニメ専門映画館に、作品連動カフェ&ギャラリーも
  • 「新宿シネマ&バル WEEK」新宿エリアで、無料で屋外シネマ鑑賞&35店舗参加したバルも
  • 細田守『未来のミライ』のカフェが池袋&名古屋パルコに、“時かけ”ほか過去作コラボメニューも