既婚女性に聞いた「結婚の決め手」

写真拡大

ライターの大久保 舞です。
既婚者の人たちが、結婚をするときに、どういったことが決め手で結婚をしたのか、気になりませんか?
今回は、既婚女性に「結婚の決め手はなんでしたか?」と筆者がリサーチした結果を元にお伝えします。

「安心感」は大切な決め手


「この人の前なら、完全な自然体でいられると安心することができた、唯一の人だったから」(30代・主婦)
「やきもちをやかない人だったこと。信じられたし、信じてもらえている安心感があった」(30代・自由業)
「歴代彼氏に浮気をされてばかりで、ずっと一人の女性を好きでいる男性がいるとは信じられなかったのに、夫のことは信じることができた。この人なら、浮気をしないで一途でいてくれるだろう、という安心感が決め手」(20代・主婦)
複数の既婚女性の意見に共通していたキーワードが「安心感」でした。
恋人同士なのであれば、自分のいい面ばかりを見せるようにしたり、相手が多少遊んでいたりしても、安心感よりも相手の魅力を重視して付き合い続ける、ということもあるかもしれません。
しかし、自分を飾らないといけなかったり、浮気の心配をしないといけなかったり⋯⋯ということが結婚してからも続くことが目に見えていたら、結婚を決断するのは難しくなってきますよね。
安心感がある相手なのかどうかは、結婚をするかどうか決める上で、とても重要なポイントの一つになることが多いようです。

現実的な決め手も、幸せなら全く問題ナシ


「お互いのアパートの更新が迫っていたため、一緒に暮らすことにしたことがきっかけです」(30代・事務)
「実家を出たかったので、相手の家に転がりこんで、そのまま結婚しました。だから決め手は『実家を出たい気持ち』になるんでしょうか(笑)。最初は強引な流れでしたが、今は幸せです」(20代・接客業)
このように「漫画やドラマじゃないんだし、現実ってそんなものだよね⋯⋯」とおもわず言ってしまいたくなるような、現実的な意見もありました。
実は、筆者自身も「今のアパートにもう一人で住み続けていたくないから」という理由で、当時彼氏だった夫と同棲し、それから数ヵ月後に結婚をしたので、こういった意見には非常に共感します。
もちろん、結婚できるのであれば誰でもよかったというわけではなく、照れ隠しで言っているという面もありますが、きっかけ自体はそんな現実的なものなのです。
結婚の決め手がドラマチックなものではなかったとしても、今が幸せなのであれば全く問題ナシではないでしょうか。

まとめ


結婚ともなると「相手のことが大好きだから」ということが決め手、という意見はありませんでした。
しかし、そもそも「相手のことが大好き」というのは、結婚をする上では前提条件なのかもしれませんね。
それに加えて、相手に対する安心感であったり、なんらかのきっかけで同棲したり⋯⋯ということで、結婚をする決め手が生まれるのでしょう。
決め手はどうであれ、結婚生活が幸せなのかどうか、が一番大切であることは間違いなさそうです。
(大久保 舞/ライター)