インターネットテレビ局「AbemaTV」では現在、俳優たちによる“共演者同士の恋愛”をテーマにした異色のドラマ『恋愛ドラマな恋がしたい』を放送。確かにまるで本当に恋愛をしているかのように演技する役者さんを見ると、「この2人、本当にデキているのでは?」と感じてしまうことはあるのではないでしょうか?実際ドラマなどで共演した恋人同士が本当に結婚するパターンも存在する事実もあり、視聴者としては共演者同士の恋愛事情は、ちょっと気になるところです。

役者の3人に1人は、共演者を異性として意識した経験アリ

ドラマを制作・運営している「株式会社AbemaTV」では、同番組のテーマである「共演者同士の恋愛」について、ドラマ・舞台への出演経験を持つ男女300名に対してアンケートを実施。その知られざる実態について調査しています。

まず対象者に「これまでに共演者を異性として意識したことはありますか?」と質問。気になる結果は以下の通りとなっています。

意識した経験がある人の中で、実際に交際に発展したのは半数以上!成功率はやはり高め?

「はい」と答えた人は44%に。半数よりは少ない割合ですが、3人に1人以上と考えれば決して珍しいことではないといえそうです。さらに44%のうち「一度でも交際に発展した」と回答した人は、56%半数以上に。

では実際にどんな風に恋に落ちてしまったのでしょうか?その具体的エピソードを紹介します。

「演じている役は強気でワガママなのに、実際は気の利くまじめな子で、そのギャップにやられてしまった」(30代・男性)

「恋愛シーンを演じていたら、本当にかっこよく見えてきて好きになった」(20代・女性)

「2人きりのシーンの練習が多かったことをきっかけに、自然と恋愛に発展した」(30代・女性)

演技とはいえ男女が2人で本気で恋愛に向き合っていると、次第にリアルと区別がつかなくなるのでしょうか?さらにドラマなどに出ている役者の方は、男女限らず華があって魅力的な人が多いもの。おのずと恋に落ちてしまう気持ちは、理解できる気がします。

一度燃えたら止められない!共演者同士の恋愛はリスクも大きい?

さらに同調査によると、「共演者との恋愛」が「アリ」か「ナシ」か聞いた質問では、「アリ」と答えた人がなんと88%だといいます。つまり意識したことがない人でもかなりの数の人が共演者の恋愛について、やぶさかではないのです。

また内容によっては“キスシーン”がある作品も多いですが、実際にキスをしてしまうと、恋愛感情に影響はあるのでしょうか?同調査では対象者に「キスシーンをきっかけに、相手を恋愛対象として意識するようになる確率」を尋ねたところ、一番多かったのは「80%」という回答だったそう。演技とはいえ、キスをしてしまうとほぼほぼ意識してしまう、そんな役者が実は思った以上に多かったのです。

フィクションとはいえ美しいロケーションでキスをしてしまうと、やっぱり恋愛感情も盛り上がるのでしょうか?

こういった経験は言うまでもなく、実際にドラマなどで恋愛の演技をした役者以外、体感できないことです。そう考えるとかなり恋愛として特殊なケースといえますが、共演者同士の恋愛と普通の恋愛は大きな差があるのでしょうか?こちらに関する自由回答は次の通りとなります。

「恋愛に至るまでのスピードが早く、気持ちも熱くなりやすい」(30代・男性)

「なんとなく雰囲気が出来上がっているので展開が早い」(20代・男性)

「舞台上の設定だけでなく、一緒にいる時間も長いので恋に落ちる環境が整っている」(20代・女性)

「お互いに別人格になるので、役の雰囲気が自分の好みにハマると恋愛に落ちやすい」(30代・女性)

どの意見も「共演者同士の恋愛は、恋に落ちるまでのスピードが早い」という共通した実感があるようです。もちろん共演者全員が恋に落ちるわけではないようですが、一度意識してしまったら最後。それがお互いパートナーがいない独身同士ならいいですが、恋人がいたり、ましてや既婚者だったら……。共演者同士の恋愛は、修羅場との隣りあわせなのかもしれません。

【調査概要】
・調査主体:株式会社AbemaTV
・調査対象:10〜30代男女300名 ※過去にドラマ・舞台に出演した経験のある方
・調査期間:2018年6月14日(木)〜18日(月)
・調査方法:インターネット調査