こんな人になりたくない。“女子が嫌う”強すぎ働き女子のパターン

写真拡大 (全2枚)

頑張るからこそ出ちゃう?嫌な部分

仕事場で頑張っている女子は輝いてますよね。でも、頑張っているからこそ、ちょっとした時に出てくる「女子っぽい嫌なところ」って、同じ女子としてがっかりしちゃいますよね。頑張りすぎてるっていうか、余裕がなくなってしまう感じ。そういう時って、男子より、同性同士のほうが評価が厳しいんです。今回は、女子が嫌う「嫌な女子」のパターンを紹介。

01. 話し方がキツい

負けたくないと思っているのか、上に立ちたいのか、いつも話し方が強い人っていますよね。もっと優しく話したほうが、かえって受け入れられるのに…って思いませんか?

02. 気配りがない

周囲が見えていないのか、自分のこと以外はどうでもいいのか、周りに対して気配りができない人っていますよね。仕事ってチームでやることだから、もう少し視野を広くしてほしいですね。

03. いつでも自分の話ばかり

人の話を聞かず、誰かとの会話中でも、人の言葉尻を持って行って自分の話にしてしまう…。よく聞いていると、いつも自分の話だけをしたいんだな、という人っていますよね。周りの人は、「またぁ」って、もううんざりしてるはず。そんな会話の仕方、女子には多いんですが、あなたは大丈夫ですか?

04. 正論で論破する

相手を正論で追い詰めてしまう。女子がやりがちな行為です。正しいことが一番すごい、と思いがちですが、本当の解決策はそうではなくて、お互いに調和して、最後は笑い合えること。「あいつ怖-」ってなるのは、あまり上手なやり方ではないですよね。

05. 人をバカにする

できないことがある人を見下してしまう。これって、人としてよくないこと。人には得意不得意があります。もちろん努力が足りない人もいるでしょう。でも、バカにすることはないんです。するべきことは、そういう人がより成長するようにサポートすることなんです。

06. 人を受け入れられない

プライドが高すぎるのか、人のことが怖いのか。人を受け入れられず、強情っぱり、頭が硬いのは、結局はあなたの心の柔らかさが足りないから。もし自分がそうなってたら深呼吸して、自分を客観視してみてください。近くにそういう人がいたら、まずあなたが彼女を受け入れてあげて。

 

完璧な人なんていません。でも、少しだけ自分を客観視してみたり、焦る心を落ち着かせたりすることで、頑張りすぎて空回りしてしまうことを防げるのです。あなたがそうならないように、近くにいる同僚がそうならないようにサポートするために、実はトレーニングはとてもいいこと。体を動かすことで、心も動かされ、全体に余裕が生まれていくはずです。

 

 

ライター:三上あずさ