「気持ちいい」と感じ、偏愛するものを伝えたい!
南青山の複合スペース〈HEIGHTS〉を手がける、ライフスタイルコーディネーター・山藤陽子さんを導いたものとは?

ブランディングや商品企画、南青山の複合スペース〈HEIGHTS〉を手掛けるライフスタイルコーディネーター・山藤陽子さん。会社を辞め、アルバイトとしてのスタートからここまで彼女を導いたものとは?Hanako創刊30周年特別企画『働くことと、生きること。46人の、転機と決断。』「転機は通過点。オンリーワンな仕事をする人。」よりお届けします。

好きなものを伝えることに、仕事のやりがいを見つけた。

山藤陽子/「気持ちいいこと」をコンセプトにブランドコンサルティング、商品企画、開発などを手がける傍ら、南青山にショップ、ショールーム、サロン、ラボラトリーを兼ね備えた〈HEIGHTS〉をオープンさせる。

南青山のアパートの一室にある〈HEIGHTS〉。アポイント制で、自宅で使うときのことをイメージしながら物と向き合うことができる特別な空間。

一人で娘を育てながら商社で働いていた山藤陽子さん。忙しい日々の中で導かれるように手に取った一本の精油に強く惹かれる。

「勤めていた会社を辞めて英国オーガニックブランドのアルバイトに応募…あれはまさに狡彰〞でした。よく考えていたら、踏み出せなかったと思う」その仕事を続けるためにアルバイトをいくつか掛け持ちした。
「心から良いと思うものを人に伝える担い手としての仕事。伝えることの大切さにやりがいを感じていました」

8年勤めた後にフリーランスに。自分が何者かを明確にしようと考え、爛薀ぅ侫好織ぅ襯魁璽妊ネーター〞と名乗ることにした。今はブランディング、商品企画などのクライアントワークのかたわら、自身のスペース〈HEIGHTS〉で、手触りの良いタオルや香りの良いコスメ、オーガニックコットンを使ったナプキンなど、犁せちいい〞と感じるものを人々に紹介している。

「今はネットでなんでも見つかるけれど、私自身がそうだったように、肌で直接感じることではじめて気付くことだってある。ここはそういう出合いの場所にしたくて作ったんです」
直感の導くほうへ進んでみる。いずれその選択が気付きとなって自分を楽にすることを、山藤さんは知っている。

山藤陽子さんのターニングポイントとは?

\彩と出合って世界が一変。
ある一本の精油とブランドブックに感銘を受けて転職。「ブランドストーリーや英国のオーガニック事情など今まで知らなかったことに、この精油一本がきっかけとなり気付けたのです」。アルバイトとしてスタートし、店長、リテール部門の統括を経験する。

会社から独立し、フリーランスに。
会社から独立し、「ライフスタイルコーディネーター」の肩書きでフリーランスとして活動スタート。ディレクションを任され、南青山にライフスタイルショップ〈Fetish〉をオープン。この店をきっかけに「自分が使って気持ちいいと思うものだけに偏ることに決めたんです」。

「HEIGHTS」をオープンさせる。
2015年、サロンスペース〈HEIGHTS〉を南青山にオープン。「コスメから下着、アクセサリーにグロサリーまで、ここで扱うものは、とても偏っています。でも、不思議と偏れば偏るほど“ すごく好き”と共感してくれる人も増えるんです」

Hanako『46人の、転機と決断。』特集では、オンリーワンな仕事をする女性を多数ご紹介しています。

(Hanako1159号掲載/photo : MEGUMI (DOUBLE ONE) text : Rio Hirai)