試合終了のホイッスルが鳴ると本田圭佑は腰に手をやり、天を仰いだ。

【写真】本田圭佑、日本代表最後の無回転フリーキック

 ベルギーに敗れ、号泣する乾貴士らを抱きしめ、涙もなく静かにピッチを後にした。


ベルギー戦敗退後、乾貴士を抱きしめる本田圭佑 ©JMPA

「僕にとって(このW杯が)最後になる。次のW杯に出ないと思います」

 本田は、ハッキリとそう言った。

「ホンダケイスケ」という一つの時代が終わった瞬間だった。

 本田が日本サッカー界の表舞台に躍り出たのは2008年であり、その登場の仕方はかなり独特だった。

 当時、日本代表のエースは中村俊輔だった。

 本田は、トップ下のポジションに座るエースに成り代わろうとして中村をロックオンしたのだ。その徹底ぶりはすざましく中村とは口は利かない、パスを渡さない、FKも譲らなかった。本田は自分が成り上っていくために敵意をむきだしにして「俊輔狩り」を徹底したのだ。

本田の転機は2010年のW杯

 転機になったのは、2010年、南アフリカW杯だ。

 1トップに抜擢されると初戦のカメルーン戦でゴールを決め、一気にスター選手になった。

 それからブラジルW杯まで4年間、本田はわが世の春を謳歌した。

 2010年1月に移籍したCSKAモスクワでは中心選手に成長、チャンピオンズリーグにも出場し、欧州に「ホンダ」の名前をとどろかせた。

 日本代表では、ザッケローニ監督の下、攻撃的サッカーの中心になった。

 香川真司、遠藤保仁、岡崎慎司らと「自分たちのサッカー」を構築し、「W杯優勝」を公言した。そのために同じ代表チームの選手たちに妥協を許さなかった。世界と対等に戦うために個の成長を求めつづけたのだ。そういう本田の「哲学」に意識付けさせられた選手は、いつしか「W杯優勝」を口にするようになり、「ブラジルW杯で世界を驚かす」が合言葉になっていった。

 チームは大きく成長した。

 アウェイのフランス戦ではカウンターを決めて勝ち、ベルギー、オランダには互角の勝負をした。ブラジルにはこてんぱんにやられたが、それとて強くなるための糧になると本田は下を向くことはなかった。本田を軸としたチームは、その完成度の高さから国内、国外、そしてチームの選手たちも期待していた。ブラジルW杯は、日本の攻撃的なパスサッカーが世界を驚かせるだろうと。

 実際、そうなる予感はあった。

 ブラジルW杯の緒戦のコートジボワール戦、本田は先制点を叩き込んだ。

 ブラジルW杯は本田の大会になると、その瞬間は誰もが思ったはずだ。しかし、その後、逆転負けを喫し、チームはつづく10人のギリシャにも勝てず、最後はコロンビアに個の差を見せつけられ、1勝もできずにブラジルを去った。「史上最強」と言われたチームは、力を出し切れずに終わった。この時の本田の悔しさは、いかばかりだったか。本田プロデュースともいえる代表チームが機能しなかった現実は、その後の本田のサッカー人生を少なからず狂わせたはずだ。

 それでも本田はいろんな財産を残してくれた。

 欧州挑戦はオランダの2部から始まり、ACミランの10番を背負ったことは、多くのサッカーファンや選手に夢と希望を与えてくれた。目標を口にして努力を目一杯続けていけば、いつかは叶うものだと。

 また、プロとしての在り方も見せた。

 言動、ファッションなど、すべて計算し尽くされた中で生まれ、常にキャッチされる存在だった。多くのスポーツ選手がいる中、メディアにとりあげられるのはごく少数だが本田はメディア対策が徹底されており、しかも臨機応変に対処する柔軟性も見せてくれた。

 2013年、日本代表の欧州遠征前、雪が降る中、ロシアのCSKAモスクワの練習場に行き、直談判して取材をOKしてもらったことがある。翌日、立話ながら50分ほど取材をさせてもらった。熱意と取材の趣旨が伝わると断らない寛大さが本田にはあった。そういう姿勢が見えたからこそ、多くのメディアを惹きつけたのだと思う。

 ブラジルW杯以降、本田はサッカーでは泥にまみれた4年を送った。

 ACミランでは怪我などで徐々にピッチから離れていった。日本代表でもカウンターを主体のチーム作りを進めるハリルホジッチ監督の構想から外れ、メンバーから漏れることが増えていった。それでも2017年7月にメキシコのパチューカに移籍するなど誰も考えないような本田らしい選択をして世間を驚かせ、自らも復活していった。

 思いがけずハリルホジッチ監督が解任され、西野朗監督になってからは1歩下がった状態でチームを俯瞰するポジションにいた。8年前のようなギラついた感はなくなり、自分が関わる最後のW杯と自覚していちおそらく西野監督からもそういう立場でのチームへのかかわりを求められたのだろう。本田は、選手をサポートする役割を積極的に果たすなど、大人の振る舞いを見せたのである。それはミックスでの本田の言葉からも感じられた。過激で煽るような言葉が消え、チームや選手を思いやる優しい言葉が増えていった。

 だが、ロシアW杯は、“本田の大会”にはならなかった。

「究極、プロになるのもヨーロッパに移籍するのもW杯のためにやってきたから」

 その思いでW杯に臨み、チームは南アフリカW杯以来のベスト16に進出したもののベスト8を惜しくも逃した。個人の活躍もセネガル戦でW杯3大会連続となるゴールを決めたものの、その一発だけで終わった。

 これまで中田英寿―中村俊輔とは違う存在感で日本サッカーをリードしてきた。決して諦めないポジティブな生き方は歩みこそ違うが、カズに重ねることができる。だが、日本を本気で世界の強豪国に並び立たせようと考えていたのは、本田だけだ。

 本当にスケールの大きな愛すべき選手。

 本田の後にホンダはいない。

(佐藤 俊)