求められる役割にハマるのが好きな天秤座 仕事場では重宝される存在に【12星座のトリセツ】

写真拡大

 「営業として外に出て行きたいのに、内勤を命じられて転職したい」「現場を卒業して後輩の育成に回ることになったのが苦痛」……など、やりたいことと、やらなきゃいけないことが別、というのは仕事でよくある悩みだ。しかし天秤座に限っては、そんなお悩みとは無縁。天秤座さんは仕事場ではどんな存在なのか、「12星座のトリセツ!」(占いTV:uranaitv.jp)では、魂の占い師・ビギー・ネプテューンが解説した。

■天秤座は自分に何が求められているかを的確に判断できる

 人は持って生まれたパーソナリティーの部分と、後づけで身につけたキャラクターの両方を、誰もがもっています。後づけのキャラクターというのは、自分がどういう役割を持っているとか、どんな役目を期待されているのか、というまわりの期待が少しずつ積み重なってできた部分も大きい。それを的確に判断するのは、天秤座さんの得意技です。

 なぜそんなことができるかというと、天秤座さんは、自分を客観視することができるから。一歩引いて見たうえで、全体の中での自分の立ち位置を判断する能力に長けているんです。

 職業なら女優やミュージシャンなども適職。本当の自分とは別のキャラクターを作り上げて、そのキャラクターを演じきることができる星座なんです。

 番組に天秤座のゲストとして登場していたのは、「おにぎり大好き系美女」としても人気のグラビアアイドル・紺野栞(23)や、「下ネタ謎かけ」を得意とするお笑い芸人・紺野ぶるま。両者とも、自分に与えたキャラクターを進んで演じている印象が強い。

 自分がやりたいことより、やるべきことを優先できる天秤座。もしあなたが自分のチームに仲間や部下を加えるなら、与えられた役割を喜んでこなしてくれる天秤座さんがイチオシといえそうだ。
(ニコ)

>>占いTVを見る

※画像出典/shutterstock