日本代表【写真:Getty Images】

写真拡大

【日本 2-3 ベルギー ロシアワールドカップ決勝トーナメント1回戦】

 現地時間3日にロシアワールドカップ決勝トーナメント1回戦が行われ、日本代表はベルギー代表と対戦し2-3の敗戦を喫した。3日にベルギー紙『HLN』が試合を振り返り、日本の戦いぶりに驚いた様子を見せた。

 試合開始して48分に原口元気が先制点を決めると、52分には乾貴士が追加点。2点リードした日本だったが、69分にヤン・ベルトンゲン、74分にはマルアン・フェライニにゴールを決められ同点に追いつかれてしまう。そして、後半アディショナルタイムにはナセル・シャドリに決勝点を決められ、日本は2-3の敗戦を喫している。

 同紙はタイトルに「スシがこれほどタフだと思わなかった!」とつけて報じ、予想に反して苦戦したことで、日本の強さに驚いた様子を見せた。試合前には「日本代表をスシにして食う」と報じるベルギーメディアもあり、日本を表す時にたびたび“スシ(寿司)”という用語が使われている。

text by 編集部