こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。

日常生活を送っていて、やはりどうしてもネックになるのが人間関係の問題。すべての人が自分の味方になり、魔法のようにするすると助けられながら人生がうまくいく……そうなればいいですよね。

でも、そうするためには、どこをどう変えていけばいいの? もっと相手の話を聞いたらいいの? もっと気をつかえばいいの?と、自分の努力ばかりに頼ることになってしまいがちです。しかし、実際は、そんな大変な努力をしなくても、周囲がまるで全員味方になるようなことは起こせるのです。今回は、マインドを使って、こうして世界中が味方になる方法についてお伝えしていきますね。

人間関係を支配しているのは「無意識」

実は、私たちの潜在意識は、無意識レベルで、すべての人に伝わっているんですね。言うなれば、「思ってることが筒抜け」ということです。他人に対して密かな敵意を持っている場合、どんな理由があるにせよ、相手はエスパーのようにあなたの気持ちを感じとります。そして、「戦いを仕掛けられた」と、相手もあなたに対してきつい態度で接してくるようになるんですね。もちろん、こうした背景には、「自分を認めさせたい」とか「自分を理解してほしい」という承認欲求が隠されています。

もっとしっかりしなければいけないとか、
もっとちゃんとやらなければならない、
もっと私のことを認めさせたい/認めてもらいたい、
そうすれば私は安心できる、
これだけやってるんだから評価してよ、
こんなにやってるのにあなたはこれぐらいできないの……?

人はだれしもこういう気持ちを持っているもの。けれど、この気持ちが強すぎて、つい相手に対して無意識に敵意を向けてしまうと、それはニュートラルな関わりではなくなってしまうんですね。

「敵視」という思い込みから抜けること

こうしたときは、自分が「何かを乗せながら相手と関わっている」そのことに気づいてみてください。目の前の相手にただ怒るだけではなく、「どうせあんただって認めてくれないんでしょう」「どうせあんただってあの人と同じなんでしょう」というように、「自分が苦しい思いをした相手との関係」をベースに、敵意をむき出しにしてしまってるのかもしれない。そんなふうに考えてみてほしいんですね。

目の前の相手は無罪かもしれない。
あなたに対して何もしていないかもしれない。
むしろ、あなたのことを引き立てたいと思っているかもしれない。

でも、そういった気持ちを最初から拒絶して、「敵認定」していることに気づき、それをやめる選択をしていくことが大切です。

心のレベルで「そうじゃない可能性」を受け止めていくこと

だからこそ、まずは、あなたから、「無実かもしれない相手」に対して、敵意を持ち出すのをやめてみましょう。もし、こうして敵意が出てきてしまった場合は、

「これは本当にこの人との間で起きたことだろうか?」
「私はこの人に対して怒っているの?」
そして、私が嫌いなのは過去の人であって、目の前の人物ではないのかもしれない。

こうやって、徐々にあなたの気持ちを和らげてみてくださいね。

人はちょっとしたことで戦ってしまいがちです。しかし、それが単に過去のトラウマを引きずっているだけで、本当の相手の姿を見ていないのであれば、もったいないことです。それに、過去に引きずられ、自分が自動的に敵意を持ってしまっていることで、愛されたり大切にされる人生が遠のいてしまうなら、それはとても悲しいことですよね。

自分が変われば、相手もあっという間に変わる。過去の経験、「あのときああだったから」「あの人はこうだったから、きっとこの人もこう」を抜け、「これからは違うかもしれない」という気持ちにもっとオープンでいられるとき、私たちは人との関係性を根本的に変えることができるのです。