東京・丸の内の三菱一号館美術館で『ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界―1780年パリに始まるエスプリ』展がはじまりました。その記者発表会に女優の桐谷美玲さんが出席! キラッキラのジュエリーをまとった美しすぎる桐谷さんの写真&コメント、展覧会の様子もあわせてレポートします!

ハイジュエリーにうっとり ショーメの展覧会

【女子的アートナビ】vol. 116

『ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界―1780年パリに始まるエスプリ』展では、パリの高級宝飾店、ショーメのきらびやかなジュエリーを中心に、デザイン画や写真など約300点を展示。あの英雄、ナポレオンの御用達ジュエラーとして名声を高め、歴史に残る芸術的なハイジュエリーを数多く生み出してきたメゾンの約240年にわたる美の世界をたっぷり楽しめます。

皇帝や女王、ピカソもお得意さま!

ショーメが誕生したのはフランス革命前の1780年。創業者のマリ=エティエンヌ・ニトは、王室が所蔵する宝飾品の鑑定なども手がけていましたが、革命後はナポレオンに気に入られ、お抱えジュエラーになります。皇妃ジョゼフィーヌや2番目の妻、マリー=ルイーズのジュエリーもショーメが制作。ヴィクトリア女王など世界の王家や大富豪、ピカソなどの芸術家もお得意さまだったそうです。

記者発表会では、ショーメのCEO、ジャン・マルク・マンスベルト氏が登壇。ショーメは創業以来、デッサンやノート、記録写真などの資料を保存してきたとのことで、「宝飾にとどまらずフランスにおける歴史や技術、文化、伝統の証人になることができる」とコメント。「これらの財産を伝えることは今の時代にとって価値のあること。この規模の展覧会は二度と開催されることはないので、ぜひみなさんにもこの感動を味わってほしい」とアピールしました。

さらに、監修者の三菱一号館美術館館長、高橋明也氏とルーヴル美術館名誉館長のアンリ・ロワレット氏も登壇。ロワレット氏は40年来の友人である高橋館長を信頼しているといい、「明治期の建築物を復元した三菱一号館美術館でショーメの展覧会を開くことは学術的にも意味がある」と同展開催の経緯についても語りました。

キラッキラの桐谷美玲さん!

続いて、女優の桐谷美玲さんがショーメのジュエリーを身につけて登壇。記者発表の会場は都内高級ホテルのチャペルだったので、美しいティアラ姿がぴったりです

今回はじめて展覧会の音声ガイドを担当した桐谷さんは、「ショーメの優美さや気品にあった声はどういうトーンで出せばいいのだろう、ゆったりしたスピードで話したほうがいいのかな、などと考えながら務めました」と収録の感想を述べました。

さらに、会場で音声ガイドの一部が流されると「完成したものを聞くのは初めてなので不思議な気持ちです」とはにかみ、「これをみなさんに聞いていただけると思うとうれしい反面恥ずかしいような、でもやれてよかったと思います」と笑顔を浮かべました。

桐谷さんお気に入りのジュエリーは…

また、お気に入りのジュエリーについて問われると、「ショーメといえばティアラというイメージ」といい、「そのティアラのレプリカが約200点並んでいる展示室について音声ガイドでも説明したので、実際にそれを見てみたい」と答えました。

ショーメでは自分の頭に合わせて世界にひとつだけのティアラをつくってくれるとのことで、「実際にそのティアラを見て私もじっくり自分に似合うものはどういうものなのかなと選んでみたい」と目を輝かせていました。

最後に、「何百年も前のものを今もこうやって見られるのは本当にすばらしく、それがジュエリーの魅力」といい、「もし自分がごほうびで手に入れたら、子どもだったり孫だったり受け継いでいけたらいいな」と幸せそうな表情で語っていました。

会場では空間もチェック!

この展覧会を訪れたら、ぜひジュエリーの展示方法にも注目してみてください。ジュエリーと関連した絵画作品が並んでいたり、あるいはデジタルアートが映し出されたモダンな展示室があったりと、作品だけでなく空間演出も一緒に楽しめます。館内は涼しいので、暑い夏のデートにもぴったり。ぜひ彼と出かけてみては?

Information

会期:〜9月17日(月・休) 休館日:月曜日(ただし、7月16日、9月10日、9月17日と、トークフリーデーの7月30日、8月27日は開館)時間:10:00〜18:00(金曜、第2水曜、9月10日〜13日は21:00まで) ※入館は閉館の30分前まで会場:三菱一号館美術館料金:一般 1,700円/高校・大学生1,000円/小・中学生500円

※音声ガイド貸出し550円(ナビゲーター:谷原章介、桐谷美玲)

※本記事の写真は、プレス内覧会で主催者の許可を得て撮影しています。