科学研究所/キッザニア甲子園

写真拡大

まるで大人のように仕事にチャレンジできる、職業・社会体験施設「キッザニア」。楽しみながら社会や経済の仕組みを学べると、ファミリーから絶大な人気を集める。そんなキッザニア甲子園パビリオンから、菌研究者として、普段の生活では見えない小さな菌について調べる「科学研究所」をご紹介!<※情報はキッザニア甲子園 全パビリオンガイド 2019年版(2018年6月28日発売号)より>

【写真を見る】研究ってどう役立つの?そんな疑問がきっと解決する/キッザニア甲子園

■ 「科学研究所」株式会社ヤクルト本社

おなかの中にはよい菌、悪い菌を含めさまざまな菌がいることについて、正しく理解することから始まる。研究者としてわかっていないことを発見し、それが人々の生活や健康の役に立った喜びや、研究の素晴らしさを体感できる。仲間との共同研究を楽しみながら、肉眼では見えない小さな菌との出合いにワクワクする子供も多いよう。

【スーパーバイザーのアドバイス】健康について研究をします。研究は人々の役に立つ仕事です。自分で考えて発見する喜びがありますよ!

【撮影ポイント】乳酸菌シロタ株を使った実験の時に撮りやすい、真剣なりりしい表情を押さえて。

■ アクティビティのステップ

<1>白衣に着替える。科学研究所パビリオンの内容について説明を聞く。

<2>健康をテーマに研究していることや、乳酸菌シロタ株について説明を受ける。

<3>善玉菌の乳酸菌シロタ株がおなかの悪い菌を減らす実験を、ヤクルトを使って行う。

<4>研究依頼メールが届き、詳しく調べるために届いたサンプルを薄める。

<5>薄めたサンプルの菌を顕微鏡で観察する。図鑑と照らし合わせて、菌の特定をする。

<6>菌の詳細を確認し、依頼主に報告する。ヤクルトを1人1本ずつ飲む。

一緒に研究をしたメンバーの写真付き。

■ パビリオンの楽しみとキッズのクチコミ!

【コレが楽しめるよ!】乳酸菌の働きがわかる。顕微鏡で小さな菌が見られる。人の役に立っていると実感できる。よい菌と悪い菌がいてびっくり!

「自分でプレパラートを作るのも、それを顕微鏡で見るのも初めてだったから、すごく勉強になった!」

「昆虫図鑑は見たことがあるけど、ここで菌図鑑を初めて見ました。顕微鏡で菌を見るのって楽しい!」

「実験をしながら楽しく学べました。ほかの菌も調べたいので、次回も科学研究所に来たいです!」

「研究って人の役に立ってるんだね。将来は研究者になって、いろいろな人を助けたいと思いました」

■パビリオンDATA/職業:菌研究者 体験時間:約30分 定員:6名 おすすめ年齢:5歳〜 身長制限:なし キッゾ:+8

■キッザニア甲子園<住所:西宮市甲子園八番町1-100 ららぽーと甲子園内 電話:0570-06-4343(インフォメーションセンター) 営業時間:第1部9:00〜15:00、第2部16:00〜21:00の完全入替制 定休日:不定休 交通:【電車】阪神電鉄甲子園駅から徒歩14分 【車】阪神高速道路3号神戸線武庫川出入口から約5分>【関西ウォーカー編集部】(関西ウォーカー・編集部)