老舗ひしめく京都・五条に、注目の新店が続々登場!
クラフトビールに日本酒、自然派ワインまで。京都・五条飲みにおすすめのスタンドとは?

手仕事が受け継がれる老舗とモダンな新店が共存する京都の注目エリア、五条。今回はそんな五条で飲むならおすすめしたいスタンド2軒をご紹介します。クラフトビールに日本酒、自然派ワイン…お好みでチョイスして!

鴨川を眺めながらゆるりと過ごせる〈西冨家コロッケ工場横 ワインスタンド〉/木屋町五条

長い店名のわけは、人気のコロッケ専門店の工場スペースが、少しだけ余って開いた店だから。といっても工場の稼働はこれからで、今はワインスタンドとして、ビルの一室で営業している。1階の目印は郵便受けのみ。セレクトは店主の西冨学さんが好きな自然派ワイン、とりわけオーストラリアものが中心。

グラスはその時々で800円〜、ボトルは6,000円前後。手作りのコロッケはバジル、サーモンディル各210円(各税込)ほか。

上からの鴨川の眺めも新鮮!

週末には昼酒もできる、スタンド&レコードショップ〈CRAFT BEER & SAKE/VINYL SHOP 八〉/木屋町五条

烏丸御池の人気店〈BEFORE9〉の系列店は1階ではクラフトビールや日本酒をスタンディングで、2階ではレコードを楽しむスタイル。

店主の山口武司さんはDJとして活動してきた人。

タップで用意されているのは〈京都醸造〉をはじめ日本各地のクラフトビール4種と生樽ワイン。

時にはDJが入ることもあるという空間で音に包まれたバータイムを。

(Hanako1154号掲載/photo : Akira Yamaguchi illustration : Midori Asano text : Mako Yamato)