照國神社の境内に色とりどりの灯籠が飾られる

写真拡大

鹿児島県内最大規模の六月灯が、市の中心地にある照國神社で7月15日(日)、16日(月)に開催される。

【写真を見る】燈籠、夜店、花火の明かりが祭りを幻想的に彩る

六月灯は、旧暦の六月に鹿児島県内の神社や寺院がそれぞれ日を定めて行われる夏の風物詩で、「ロッガッドー」の呼び名で県民に親しまれている。特に城山の麓にある島津家28代斉彬公を祀る照國神社で行われる六月灯では、境内に奉納された色鮮やかな絵が描かれた多くの灯籠が飾られ、たくさんの夜店も立ち並ぶ。

六月燈の始まりは、島津19代当主・光久公が新昌院の上山寺の観音堂を再建した折に沿道に燈籠を掲げ道の明かりにしたのが始まりといわれ、照國神社では御祭神の命日16日を頌徳祭、15日を前夜祭として斎行している。

2日間で10万人もの人が訪れる、鹿児島の夏の風物詩を見に出かけよう。(東京ウォーカー(全国版)・ウォーカープラス編集部)